FXレバレッジ10倍の規制はあるのか?。

レバレッジ100倍~レバレッジ500倍を使い慣れると、レバレッジ10倍の資金増加スピードが遅いと感じたり、レバレッジ10倍の資金減少スピードが遅いと感じたり、レバレッジ10倍のLOT数で良いんだと感じることができなくなります。それと比較して、レバレッジ10倍に使いなれてくると、レバレッジ10倍の資金増加スピードでも早い、レバレッジ10倍のLOT数でもLOTが高すぎる、レバレッジ10倍の資金減少スピードが速いという感覚を持つようになります。これらのことから得られることは、ハイレバレッジ慣れをするとレバレッジ10倍に物足りなさを感じ、低レバレッジ慣れをすると低いレバレッジじゃないといけないという拘りがつよくなる。

2018年に入ったころから、レバレッジ25倍~以上のFX取引で人生が破滅する損失を出す人を救済したほうがいいんだろという論調が強くなり、レバレッジ10倍を国内FX口座の最大レバレッジにするべきだという論調が政治家に増えました。その後、2020年になっても、最大レバレッジ10倍規制が施行されていないのと、国でもレバレッジ10倍規制の議論が後回しにされているので、2020年以降に最大レバレッジ25倍規制がレバレッジ10倍規制に置き換わることはないでしょう。個人的なことをいうと、利益額を減少させるリスク有りのレバレッジ規制解除とFXトレーダーの唯一の救済の追証なしのゼロカットシステムと海外FXの税金のパーセンテージを下落の3を国が実行してくれれば、FXトレーダーの元に入ってくるお金が増えるのではないかな。今回は、FXレバレッジ10倍の規制はあるのか?。について触れていきます。

FXレバレッジ10倍規制とは?

2020年は、海外FXは最大レバレッジ規制がないため、最大レバレッジ200倍~最大レバレッジ5000倍のFX取引/CFD取引が可能となっていますが、国内FXは最大レバレッジ規制があるため、最大レバレッジ25倍でFX取引/CFD取引が可能となっています。これらの状況下で、レバレッジ200倍以上のFX取引/CFD取引を開始して、貯金0になる、会社が経営があやうくなる、日常生活が危うくなる人が登場しましたし、レバレッジ25倍以上のFX取引/CFD取引を開始して、貯金が半減、会社を退職するほどの精神ダメージ、会社経営のモチベーションが下がるする人が登場しました。上記のことを放置していいにきまっているだろという考えの国のお偉いさんはおらず、FXレバレッジ10倍規制をしていかないといけないとのいう発言が国のお偉いさんの声からでてきたから。

1.レバレッジ10倍規制をするのは間違っている。

レバレッジ100倍、レバレッジ200倍、レバレッジ400倍、レバレッジ888倍の海外FX口座〔追証なしゼロカット有り〕でFX取引をした場合、FX投入するお金が3000円であれば、3000円の損失、FX投入するお金が6000円であれば6000円の損失、FX投入するお金が12000円であれば12000円損失となる。これからわかることは、ゼロカットがある海外FX口座では、入金する額をコントロールする=FX取引入金額がMAX損失となることから、海外FX口座入金額で損失額をコントロールできるということもわかるし、国のレバレッジ制限が正しいわけではないこともわかる。

2.国内FX口座のレバレッジ規制を廃止。

国内FX口座のレバレッジ規制を廃止し、追証なしゼロカットシステムを導入してくれないから、9割のFXトレーダーは600万円の大金でレバレッジ25倍のFX取引をしないといけない状況になり、FX取引での損失額が200万円、300万円級まで膨れあがっています。これの状態を改善するためにレバレッジ規制を廃止、追証なしゼロカットシステムを導入すると、9割のFXトレーダーは、FX口座への入金額を大幅に減額し、レバレッジ100倍~レバレッジ5000倍のFX取引を行い、FX取引での損失額が1万円、2万円ほどとなります。

3.レバレッジ10倍規制の対象の国内FX口座はいろいろおかしい。

レバレッジ10倍規制の対象の国内FX口座がユーザーのことを第一に考えるなら、今すぐ変動制のスプレッドシステムと追証ありのシステムの二つを廃止して、固定制のスプレッドシステムと追証なしのゼロカットシステム有りを導入するべきだ。それと、固定制のスプレッドシステムと追証なしのゼロカットシステム有りを国内FX口座に導入するだけで、国内FX口座で大損する人やFX取引で人生が終わったぞという状態になる人がいなくなります。

FXレバレッジ10倍の規制が発動しない理由。

FXレバレッジ10倍の規制が発動しない理由は、国自体がFXトレーダーがより多くの税金を取りたいという思いを持っているから&国内FX口座の運営会社は、国に高額な税金を納めてくれるいるから&レバレッジ規制をしてほしいという国民の声がないから。などがあります。

1.国自体がFXトレーダーがより多くの税金を取りたいという思いを持っているから

国がレバレッジ10倍規制を発動して、レバレッジ10倍でしかFX取引ができないなら、FX取引をやめようという人が大量発生する。その後、FXで利益が発生させる人が減少し、国のFX系の税収が減る。これらの一連の流れを警戒している国は、なかなかレバレッジ10倍規制を発動させることができない。

2.国内FX口座の運営会社は、国に高額な税金を納めてくれるから。

国内FX口座の運営会社は、低スプレッドとレバレッジ25倍のダブルコンボがよい方向に働き、国内FX口座の運営会社は、かなりの利益を発生させていますし、国に高額な税金を納めていますから、国も国内FX口座の運営会社に損失をださせてはいけないという思いからレバレッジ25倍制限を発動できない。

3.レバレッジ10倍規制をしてほしいと思っている日本国民がいない

日本国民の9割は、レバレッジ10倍規制なんて必要ないし、レバレッジ25倍制限も必要ないと思っているし、とっとと国内FX口座はレバレッジ規制を開放してくらいにしか思っていないんだ。この日本国民の考えをしている国のお偉いさんはレバレッジ10倍規制を発動さえることができないでいるんだ。

公式サイト
GEMFOREX

GemForex口座の2万円口座開設ボーナスプレゼントキャンペーン開催中です。

レバレッジ10倍のメリット。

レバレッジ10倍のメリットは、損失を抑えようするメンタルが身につくこと。&利益が少ないことに対する劣等感を持たなくなること。&スキャルピング/デイトレード/スイングトレード時のメンタルが安定すること。&お試しでポジションを保有するが可能であること&ガチホするが可能であること&多くの人のFX退場理由である爆上げと爆下げで退場することがないこと。&ポンド円で勝負ができるようになること。

損失を抑えようするメンタルが身につくこと。

レバレッジ10倍でFX取引をすると、レバレッジを下げることで損失額も小さくすることに対する拘りをもつし、レバレッジ10倍時でもロスカットをして自分の損害を小さくすることに対する拘りをもつようになりますから、損失を抑えようとするメンタルを身に着けたい人は、レバレッジ10倍のFX取引をやってみよう。

利益が少ないことに対する劣等感を持たなくなること。

レバレッジ10倍でFX取引をすることになれ、レバレッジ10倍の利益額というものに慣れてくると、レバレッジを10倍の利益が少ないことに対する劣等感をもたなくなるし、レバレッジ10倍のFX取引で損失が少ないことに対する劣等感も持たなくなります。

スキャルピング/デイトレード/スイングトレード時のメンタルが安定すること。

レバレッジ555倍のときは、スキャルピング/デイトレード/スイングトレードでメンタルが安定することなんてなかったけど、レバレッジ10倍にしたら、ゼロカットされる確率は低いから大丈夫の思いから、キャルピング/デイトレード/スイングトレードでメンタルが安定するようになりました。

お試しでポジションを保有するが可能であること

レバレッジ800倍のときは、損失を発生させてはだめ、絶対利益を出さないとだめだの思いから、お試しでポジションを取ることこともできないが、レバレッジ倍のときは、損失を発生させるのはあり、利益がでなくてもOKの思いから、お試しデポジションをとることができる。

ガチホするが可能であること

レバレッジ1000倍のときは、5PIPS~15PIPSのときの利益額や10PIPSの損失を出す可能性に目をむけて、ドル円/ユーロ円・ポンド円をガチホするなんてことはできなかったが、レバレッジ10倍になると、200PISP~650PIPSのときの利益を出すこに飲み目を向けて、損失を出すことに目をつぶることができるようになり、ドル円/ユーロ円/ポンド円をガチホすることができるようになった。

多くの人のFX退場理由である爆上げと爆下げで退場することがないこと。

レバレッジ25倍以上だと9割のFX戦士の退場理由である6円~8円の爆上げで退場、5円~6円の爆下げで退場することが普通にありますが、レバレッジ10倍だと、6円~8円の爆上げで6円~8円の含み損にも耐えられ、5円~6円の爆下げの含み損にも耐えられます。

FXレバレッジ10倍のデメリット。

FXレバレッジ10倍のデメリットは、レバレッジ25倍以上はリスクあるという思い込みが強くなる&レバレッジ25倍以下の日本のFX口座にはゼロカットシステムがない。&ドル円スプレッドが99.9PIPSまで開くことがある。などがあります。

レバレッジ25倍以上はリスクあるという思い込みが強くなる

レバレッジ10倍固定のFX取引に専念していると、レバレッジ25以上のFX取引はリスクがあるという思いこみがるよくなると同時に、レバレッジ25倍のFX取引は未知の領域であるという認識を持つようになります。

ドル円スプレッドが99.9PIPSまで開くことがある。

レバレッジ25倍以下〔レバレッジ10倍のFX取引可〕の日本FX口座はドル円/ユーロ円/ポンド円のスプレッドが99.9PIPSまで広がることがあるというデメリットがありますが、レバレッジ400倍以上〔レバレッジ10倍のFX取引〕の海外FX口座は、ドル円/ユーロ円/ポンドのスプレッドが1.0PIPS~5.0pIPまでしか開きません。

公式サイト
GEMFOREX

GemForex口座の2万円口座開設ボーナスプレゼントキャンペーン開催中です。

レバレッジ関連記事

レバレッジ100倍の詳細情報。
レバレッジ200倍の詳細。
レバレッジ400倍の詳細。
レバレッジ888倍のメリットとデメリットについて。
レバレッジ1000倍やってみた。
レバレッジ3000倍やってみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする