レバレッジ1000倍やってみた。

レバレッジ1000倍の使いどころが天才と呼ばれるFXトレーダーは、自身の海外FX口座残高を3ヶ月で300倍~400倍に増やすことができ、FX取引で自分の人生を良い方向へ転換させています。こういう人がいることを知った人は、海外FX口座のGemForex口座を開設して、レバレッジ1倍~レバレッジ1000倍でFX取引をしたり、海外FX口座のXM口座を開設して、レバレッジ1000倍以下であるレバレッジ888倍でFX取引をしたり、iforex口座でレバレッジ400倍のFX取引をしています。僕自身も、レバレッジ1000倍のおかげで1万円のトレード資金を10万円に増やすことができたり、レバレッジ1000倍のおかげで、10万円のトレード資金を100万円に増やすことができたりしています。

上記以外のレバレッジ1000倍に畏怖しているFXトレーダーは、自身の海外FX口座残高を1ヶ月で2倍~2.5倍にまで市か増やすことができないし、FX取引だけで生活するという夢のような生活を送ることができていませんし、ハイレバレッジトレードをする上で重要なことを理解することができません。こういう人になりたくないと思った人が、海外FXのGemForex口座でレバレッジ1000倍のFX取引に挑戦したりする傾向があります。

レバレッジ1000倍をやってみた。

レバレッジ1000倍をやってみたの中身は、『FX1日5000円稼ぐ目標を持った状態で、現金1万円レバレッジ1000倍スキャルピングをやってみた。』、『FX1日4万円稼ぐ目標を持った状態で、現金1万円レバレッジ1000倍トレードをやってみた。』、『累計FX利益プラス100万円を達成するという目標がある状態で口座開設ボーナス1万円だけでレバレッジ1000倍トレードをやってみた。』、『FX最大損失マイナス20万円を出している状態で、現金5万円レバレッジ1000倍トレードをやってみた。』、『FX累計利益プラス200万円を出している状態でレバレッジ1000倍トレードをやってみた。』、『余剰資金200万円もある状態でレバレッジ1000倍トレードをやってみた』、『余剰資金ゼロ円しかない状態でレバレッジ1000倍トレードをやってみた』となっています。

FX1日OO円稼ぐ目標を持った状態でのレバレッジ1000倍トレードをすると、自分の強欲のコントロールが上手くできず、何をやってもFXトレードで勝てないという状況に陥りますが、FX1日OO円稼ぐ目標を完全撤廃した状態でのレバレッジ1000倍トレードをすると、自分の強欲を完全にコントロールすることができ、冷静さを保った状態でのFXトレード成功により利益を積み上げている状態をキープできます。これらのことを認識したFXトレーダーは、FX取引で今日OO円稼ぐという目標を捨てた状態で、レバレッジ1000倍トレードをするのが正解だという答えを出すようになります。それと、FX1日OO円稼ぐを実現したいなら会社労働をするのが正しい選択だし、年間OO円稼ぐを実現したいならレバレッジ1000倍固定でFXトレードをするのが正しい選択である。

累計OO円の利益出していて、何をやってもFXトレードで利益を出せるだろうという傲慢モードの時ほど、レバレッジ1000倍トレード失敗により、自己資金20万円全てが消滅する可能性が高いということと、累計OO円の損失を出していて、FX損失回避をしなければいけないという思いがある謙虚モードの時ほど、レバレッジ1000倍トレード成功により、プラス20万円の利益を生み出せるということの二つの事実が存在します。これらの二つの事実を認識したFXトレーダーは、累計プラス200万円のFX利益を達成できている時にはノートレを貫くのが正解だし、累計マイナス30万円の損失を出している時ほどレバレッジ1000倍トレードをするのが正解だという答えを出すようになります。それと、FX大損経験が少ないから累計OO円の利益で満足することができなくなるし、FX大損経験が多数あるから累計OO円の利益で満足することができる。

余剰資金がないのに、無理に捻出したタネ銭1万円だけでFXトレードをするという金を欲しているモードの時ほど、1万円だけのレバレッジ1000倍トレード失敗により、無理に捻出した種銭1万円全て失ってしまうが、余剰資金が10万円ある時に、余剰資金10万円だkでFXトレードをする時ほど、10万円だけのレバレッジ成功によりプラス40万円の利益を出すことができる。これらのことを完全認知したFXトレーダーは、余剰資金がない時は絶対にレバレッジ1000倍トレードをやらないという鉄の掟を守ることが正解であり、余剰資金がある時だけレバレッジ1000倍トレードをやってみるのが正解であるという答えにたどり着きます。それと、余剰資金がない時にはFXトレードをやらないを守るだけで無駄なFXトレード損失を回避することができます。

レバレッジ1000倍やってみたという人にこそ知ってもらい情報。

FX取引でお金を得て、自分のくだらない人生を好転させるつもりはなく、自己資金を維持することのみがすべてである人は、レバレッジ1000倍を使うことを回避して、レバレッジ5倍~レバレッジ10倍を使い、FX取引をすることを最優先事項にするべきなのです。これに当てはまりたくない、俺の可能性は無限大で、自分の人生を良い方向に導きたい、自己資金を億の大台までもっていきたいという人は、レバレッジ1000倍をたまにつかい、レバレッジ100倍を頻繁に使い、FX取引をしていくようにしましょう。

レバレッジ25倍で5万円資金しかないとドル円1枚の勝負しかできず、一日数百円の利益しかえられず、FX取引で自分の大切な時間を消耗しているといっても過言ではありません。それと比較して、レバレッジ1000倍で5万円の資金があるとドル円10枚の勝負ができ、一日5万円~6万円の利益を得ることだって可能になります。これらの二つの事例からわかることは、より大きい枚数でドル円取引がしたい、より大きい枚数でユーロ円取引がしたい、より大きい枚数でポンド円取引がしたい人は、レバレッジ1000倍でのFX取引をしよう。

1.レバレッジ1000倍に対応している海外FX口座は?

レバレッジ1000倍に対応している海外FX口座で一番利便性が高く、さまざまなボーナス特典を提供しているのは、GemForex口座となっています。このGemForex口座は、MT4のプラットフォームで自動売買取引やミラートレードができることや、GemForex100パーセント入金ボーナスの特典があることや、GemForex20000円口座開設ボーナスの特典があります。

公式サイト
入金必要なし、利益全額出金可能、海外FXgemforex新規口座開設で証拠金2万円プレゼント中です。


レバレッジ1000倍を有効活用できている人にありがちなこと。

レバレッジ1000倍を有効活用できている人にありがちなことは、レバレッジ1000倍を活用する回数はあまり多くないこと&海外FX口座に入金する額を少なめにしていること&FX取引で退場することを前提にしていること&ゼロカットされても、全く落ち込まないこと&月に一回しかFX取引をしないこと&FX取引でお金を得るということの執着がめちゃくちゃ低い&FX取引をギャンブルと捉えていること&レバレッジをあげることに対する恐れが皆無であること。&先物取引をしない傾向があること。&自分だけが知っている勝ちの鉄則パターンがあること。

1.レバレッジ1000倍を活用する回数はあまり多くないこと

FX取引暦10年の人で資産10億の人でも、レバレッジ1000倍の取引しかしないということをしていれば、一度の負けで自己資産10億円を溶かして為替相場から退場していってしまいます。この事実をしっているレバレッジ1000倍を有効活用できている人は、自分に分があるときだけレバレッジ1000倍のFX取引をして、自分が負け濃厚のときは、レバレッジ10倍のFX取引しかしません。

2.海外FX口座に入金する額を少なめにしていること

レバレッジ1000倍を有効活用している人は、もしものときのための損失を少なくするために、海外FX口座の入金額を低めにしていますが、レバレッジ1000倍を有効活用できていない人は、大成功の未来しかみず、海外FX口座の入金額を高めに設定しています。これを知っているかしかていないかだけで、海外FX口座における退場確率が大きくかわってきます。

3.FX取引で退場することを前提にしていること

レバレッジ1000倍を有効活用している人は、FX取引で退場することを前提にしているため、自分が危険を感じたり、これはやばいぞという感情を抱いたときに、FX取引はしませんが、レバレッジ1000倍を有効活用していない人はFX取引でお金を儲けまくるという未来しか見ていないため、FX取引で危険を感じとれません。これを知っているかどうかで、レバレッジ1000倍を使いこなせるか、レバレッジ1000倍を使いこなせないかの分岐点となってくる。

4.ゼロカットされても、全く落ち込まないこと

レバレッジ1000倍を有効活用できている人は、自分の海外FX口座で10万円ゼロカットがおきても、全く落ち込まず、次のFX取引で勝てばいいだけと思い込むことができていますが、レバレッジ1000倍を有効活用できていない人は、自分の海外FX口座で10万円ゼロカットがおきたときにガッツリ落ち込んでしまい、次のFX取引で勝てばいいんだというポジティブな思考をもつことができます。これらのことからわかることは、FXの勝者は気持ちの切り替えがうまい。

5.月に一回しかFX取引をしないこと

レバレッジ1000倍を有効活用できている人は、月に一回レバレッジ1000倍のFX取引で50万円の利益を得て、その他の日は一切FX取引をしないことで、FX取引での損失回数をへらしつつ、FX取引で生活費を稼ぎきるということができている。これができていない人は、レバレッジ1000倍のFX取引で得た利益を、一度の強制ロスカットで吐き出してしまったり、一度のゼロカットで吐き出してしまったりする。

6.FX取引でお金を得るということの執着がめちゃくちゃ低い

レバレッジ1000倍を有効活用できている人は、FX取引でお金を得るということの執着が低くなっているため、FX取引でお金を得ても喜ぶこともないし、FX取引で2万円の損失を出しても落ち込むことがありません。逆に、レバレッジ1000倍を有効活用できていない人は、FX取引でお金を得るということの執着が高くなっているため、FX取引でお金を得ると喜びまくるし、FX取引で2万円の損失を出すと落ち込みまくります。これら二つのことからわかることは、FX取引を職業にしたければ、お金への執着をへらそう。

7.FX取引をギャンブルと捉えていること

レバレッジ1000倍を有効活用できている人は、FX取引はギャンブルであり、FX取引はお金を減らす可能性があるものであるという認識をもっています。この認識を持っているだけで、レバレッジ1000倍を使うべき場面がどこなのか?がわかってきますし、損切りをする決断の重要度もわかってきます。

8.レバレッジをあげることに対する恐れが皆無であること。

レバレッジ1000倍を有効活用できている人は、レバレッジをあげることに対するおそれが皆無であることから、勝ちの材料が出たときにレバレッジ1000倍のFX取引を実行するができています。逆に、レバレッジ1000倍を有効活用できていない人は、レバレッジをあげることに対する恐れが強すぎることから、勝ちの材料がでてもレバレッジ1000倍でFX取引をすることを選択できず、レバレッジ10倍ほどでFX取引をしてしまいます。

9.先物取引をしない傾向があること。

レバレッジ1000倍を有効活用できている人は、先物取引をしない、得意な金融商品取引しかしないことで、余計な先物取引で損失を出すことを回避して、得意な金融商品で利益を出すことができています。逆に、レバレッジ1000倍を有効活用できない人は、前人未到の金持ちになりたい心を制御できず、先物取引をする道を選び、先物取引で余計な損失を出し、FX取引の利益を全部なくすことをしてしまいます。

10.自分だけが知っている勝ちの鉄則パターンがあること

レバレッジ1000倍を有効活用できている人は、自分だけが知っている勝ちの鉄則パターンのときだけ、レバレッジ1000倍のFX取引をすることで、レバレッジ1000倍のFX取引の勝率を上げています。逆に、レバレッジ1000倍を有効活用できていない人は、後先を全く考えずに、レバレッジ1000倍のFX取引をしています。

公式サイト
入金必要なし、利益全額出金可能、海外FXgemforex新規口座開設で証拠金2万円プレゼント中です。


関連記事

レバレッジ888倍のメリットとデメリット。

レバレッジ1000倍のFXトレード手法。

レバレッジ1000倍のFXトレード手法は、含み損5pipsいかになるエントリーポイントでのみスキャルピングをするというものや、1万円ゼロカットを恐れず大きなトレンド方向にだけエントリーするというものや、複数の米国経済指標を材料にしてFXトレードをするというものや、レンジ相場だと思い込んだFXトレードをやめるというものや、FXデイトレードが失敗する前提で小ロット固定でFXデイトレードをするというものや、売りオーダー&買いオーダーが役に立たない為替相場がある前提でFXトレードをするというものや、1万円レバレッジ100倍トレードの勝率6割を達成するというものや、レバレッジ1000倍と相性が悪い相場では低レバ固定でスキャルピングをするものや、FX大損する人間が持ち金全部吐き出した地点でレバレッジ1000倍トレードをするというものや、過去の通貨ペアの値動きパターンを絶対視しない状態でレバレッジ1000倍トレードをするというものなどがあります。

1. 含み損5pips以下になるエントリーポイントでのみスキャルピングをするというもの。

含み損5pips以下になるFXエントリーポイントを完全スルーしてしまい、含み損20pips抱える可能性があるエントリーポイントでのみレバレッジ1000倍トレードを実践する人だけがFX敗北者になれるし、含み損20pips抱える可能性があるエントリーポイントをスルーするすることができ、含み損5pips以下になるエントリーポイントのみレバレッジ1000倍トレードを実践することができる人だけがFX成功者になれる。これらのことを完全把握した人は、含み損5pips以下が確定しているエントリーポイントでのみスキャルピングをする決意を持ちます。それと、含み損5pips抱えるエントリーポイントを把握する方法は、FX初心者が大損するエントリーポイントをいくつか把握することである。

2. 1万円ゼロカットを恐れず大きなトレンド方向にだけエントリーするというもの。

1万円ゼロカットを恐れ、大きなトレンドを無視してしまい、大きなトレンドと逆方向にエントリーする人ほど、自己資金3万円だけのレバレッジ1000倍トレード失敗により3万円の損失を出していますし、1万円ゼロカットを恐れず、大きなトレンド発生にいち早く気づき、大きなトレンド方向にだけエントリーすることができる人ほど、自己資金3万円だけのレバレッジ1000倍だけのトレード成功によりプラス3万円の利益を出しています。これらのことを認知した人は、大きなトレンドが発生していない前に逆張りトレードをするのが正解、大きなトレンドが発生するかもしれない兆しが出た時に順張りトレードをするのが正解であるという答えを出します。それと、FX初心者ほど値頃感での逆張りトレードをしたがるし、FXプロほど大きなトレンド方向にだけエントリーしたがります。

3. 複数の米国経済指標を材料にしてFXトレードをするというもの。

FX大損スパライルから抜け出せない人ほど、米国経済指標を無視したドル円トレードをしたり、1つの米国経済指標を材料にしたドル円トレードをする傾向がありますし、FXレバレッジ1000倍爆益のスパイラルにハマる人ほど、米国経済指標を重視したドル円トレードをしたり、複数の米国経済指標を材料にしたドル円トレードをしています。これらのことを認知すると、どんな状況下であっても複数の米国経済指標を材料にしてFXトレードをするのが正義だという答えを出すようになります。それと、利益を出すことに対する焦りが強くなると経済指標の結果を完全スルーするようになるし、利益を出すことに対する焦りが弱くなると経済指標の結果をきちんと受け止めるようになります。

複数の米国経済指標結果を受け入れるかつ、経済指標発表前にドル円ポジションを保有しないことを徹底することができれば、レバレッジ1000倍固定のドル円トレードで大損する未来を回避することができます。このことがわかっているのに、複数の米国経済指標の結果を無視するかつ、経済指標発表前にドル円ギャンブルトレードをするを実践してしまったりするから、レバレッジ1000倍FXトレードの損失の連鎖から抜け出せなくなってしまうわけです。(経済指標の数値を信じすぎてもFXトレードで痛い目にあうし、経済指標の数値を信じなさすぎてもFXトレードで痛い目に会うという事実から目を離してはいけません。)

4.レンジ相場だと思い込んだFXトレードをやめるというもの。

レンジ相場だと思い込んだFXトレードをし続ける人ほど、突然の一方通行相場でのレバレッジ1000倍トレードしくじりにより、自己資金15万円全てを失う傾向がありますし、レンジ相場にならない可能性もあると思い込んだレバレッジ1000倍固定FXトレードをし続ける人ほど、突然の一方通行相場でのレバレッジ1000倍トレード成功により、プラス15万円の利益を出せる傾向にあります。これらのことを完全認知すると、レンジ相場だと思い込んだレバレッジ1000倍固定FXトレードをしない鉄の掟を作るのが正義だという答えをだします。それと、爆益に対する渇望が強くなるほどレンジ相場であって欲しいという気持ちが強くなるし、爆益に対する渇望する気持ちが弱くなるほどレンジ相場であってほしい気持ちが弱くなります。

レンジ相場でプラス30pips獲得するのが当たり前になっているからこそ、レンジ相場だと思い込んだレバレッジ1000倍固定FXトレードをしなければいけないという思い込みが強くなり、レンジ相場で逆張りトレードを繰り返すようになりますし、レンジ相場で毎回マイナス30pipsの損失を出すのが当たり前になっているからこそ、レンジ相場だと思い込んだレバレッジ1000倍固定FXトレードを絶対にしたらいけないという思い込みが強くなり、トレンドに乗ることを意識したFXトレードをするようになります。これらのことを認識した人は、OOになるはずだという思い込みを全て捨て去った状態でレバレッジ1000倍固定FXトレードをするという強い決意を持つようになります。

5. FXデイトレードが失敗する前提で小ロット固定でFXデイトレードをするというもの。

FXデイトレードが成功する前提で高ロット固定でFXデイトレード(レバレッジ1000倍固定でFXデイトレードをやってみた。)をする癖があると、FXマイナス10万円ゼロカットが直撃して、FX自己資金10万円が消滅するという連鎖から抜け出すことができませんが、FXデイトレードが失敗する前提で小ロット固定でFXデイトレードをすること(レバレッジ1000倍固定でFXデイトレードをやってみた)ができていると、FXマイナス10万円ゼロカットを回避して、FXプラス2万円の利益を生み出すことができます。

これらのことを完全把握すると、FXデイトレード成功するかもしれないという思いを全部捨て去った状態で、レバレッジ1000倍固定でFXデイトレードをすることこそが正解だという答えを出すようになります。。それと、FXデイトレード成功に対する渇望強くなるほど、どうすればFXトレード収支をプラスに持っていけるのか?という答えに辿り着けなくなるし、FXデイトレード成功に対する渇望が弱くなればなるほど、どうすればFXトレード収支をプラスに持っていけるのか?という答えに辿り着くことができます。

FXデイトレード成功するかもしれない気持ちを持ってしまう人には、自分に大きな不幸が降りかかる可能性について全く想定しないことと、常に金が儲かる前提でFXトレードをしていることと、ロット数を増やしたFXトレードをする癖がついていることの三つの共通点があります。また、FXデイトレード失敗するかもしれない気持ちを持ってしまう人には、自分に常に大きな災難が降りかかる可能性について複数想定していることと、金が儲からないのが普通という感覚でFXトレードをしていることと、ロット数を下げるのが正解だと思った状態でFXトレードをしているの三つの共通点があります。

6. 売りオーダー&買いオーダーが役に立たない為替相場がある前提でFXトレードをするというもの。

売りオーダー&買いオーダーが役に立つ為替相場しかない前提でFXトレードをすると、売りオーダーが役に立たないドル円相場での逆張りショートトレード失敗により、マイナス4万円の損失を出したり、買いオーダーが役に立たないドル円相場での逆張りロングトレード失敗により、マイナス5万円の損失を出したりますが、売りオーダー&買いオーダーが役に立たない為替相場しかない前提でレバレッジ1000倍トレードをすると、売りオーダーが役に立たないドル円相場での順張りロングトレード成功によりプラス5万円の利益を叩き出したり、買いオーダーが役に立たないドル円相場でのドル円ショートトレード成功によりプラス10万円の利益を叩き出したりします。

これらのことを認知すると、売りオーダー&買いオーダーが役に立たない為替相場がある前提でFXトレードをするのが正解であるという前提で、レバレッジ1000倍トレードを実践するようになります。それと、メンタルに余裕がない時ほど売りオーダー&買いオーダーを重視したFXトレードをしてしまうし、メンタルに余裕がある時ほど、売りオーダー&買いオーダーを無視したFXトレードをしてしまうのが、FXトレーダーの性。

7. 1万円レバレッジ1000倍トレードの勝率6割を達成するというもの。

1万円レバレッジ1000倍トレードの勝率5割以下かつ、1回のFXトレード成功でプラス5pips以上の利益を獲得するの二つを満たすと、1万円レバレッジ1000倍トレード収支を大きくマイナス持っていくことになるが、1万円レバレッジ1000倍トレードの勝率6割を達成するかつ、1回のFXトレード成功でプラス10pip以上の利益を獲得するの二つを満たすことができると、1万円レバレッジ1000倍トレード収支を大きくプラスに持っていくことができる。

これらのことを認知すると、1万円レバレッジ1000倍トレードの勝率6割を達成するを実現できる人だけが1万円レバレッジ1000倍トレードをやるべきだという答えを出すようになります。それと、勝てるポイントを多く知っているからFXレバレッジ1000倍トレードの勝率が高くなるし、負けるポイントを多く知っているからFXレバレッジ1000倍トレードの勝率が低くなる。

8. レバレッジ1000倍と相性が悪い相場では低レバ固定でスキャルピングをするもの。

レバレッジ1000倍と相性が良い相場ではレバレッジ1000倍固定でスキャルピングをするのが正解だし、レバレッジ1000倍と相性が悪い相場では低レバレッジ固定でスキャルピングをするのが正解。これを常に実践できる人だけが、為替相場で生き残ることができるし、為替相場での大損を回避することができる。

9.FX大損する人間が持ち金全部吐き出した地点でレバレッジ1000倍トレードをするというもの。

FX大損する人間が持ち金全部吐き出していない地点でレバレッジ1000倍トレードをすると、含み損マイナス10pips抱える事態が待っているが、FX大損する人間が持ち金全部吐き出した地点でレバレッジ1000倍トレードをすると含み益プラス10pips抱える事態が待っている。これらの事実を軽視するFXトレーダーはいつまで経ってもレバレッジ1000倍トレード収支マイナスのままである。

10.過去の通貨ペアの値動きパターンを絶対視しない状態でレバレッジ1000倍トレードをするというもの。

過去の通貨ペアレートの値動きパターンを絶対視している時ほど、過去と違う動きをする通貨ペアレートに対応することができず、レバレッジ1000倍トレード失敗によりマイナス5万円の損失を出すことになりますし、過去の通貨ペアレートの値動きパターンを絶対視していない時ほど、過去と違う動きをする通貨ペアレートに対応することができ、レバレッジ1000倍トレード成功によりプラス十五万円の利益を出すことになります。これらの事実をスルーするFXトレーダーは、FXレバレッジ1000倍トレード収支マイナスのままである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする