億トレーダーakiの手法・退場情報について。

億トレーダーaki氏になりたいと思って、資金800万円入金済みの国内FX口座で、レバレッジ25倍固定でポンド円スキャルピングをする人が出現しています。これに該当する人の運命は、国内FX口座内にある含み損400pipsのポンド円100枚売りのポジションが強制ロスカットされて、400万円失うか、国内FX口座内にある含み益500pipsのポンド円150枚買いのポジションを決済することで、750万円の利益を手に入れるかの二つの未来どちらかをたどることに。

億トレーダーaki氏のようになれはないと思って、資金5万円の海外FX口座で、レバレッジ25倍固定でポンド円スキャルピングを繰り返す人もいます。これに該当する人は、海外FX口座の最大損失5万円で済むという心の安心を持つことができると同時に、海外FX口座特有のハイレバトレードで勝利を収める術をみにつけたり、海外FX口座で超低レバトレードで生き残る術をみにつけたりできます。今回は、億トレーダーakiの手法・退場情報について、触れていきます。

億トレーダーaki氏は、損切りも派手。

資金力が少ない弱小FXトレーダーであれば、損切り額1万円で大損、損切り額2万円で破滅的な考えをもちますが、資金力5億円を超える億トレーダーaki氏であれば、損切り額300万円でも微々たる損失、損切り額1000万円で普通の損失、損切り額5000万円で結構きつい損失、損切り額2億でFX退場を決意するレベルの損失であるという考えをもちます。

資金5億円ある億トレーダーaki氏が、1日1万円の利益でよいという考えをもち、ドル円10枚が上限でスキャルピングをした場合、ドル円の損切り回数0回でも、ドル円10枚トレードをすることで毎月20万円程度の利益がだせます。この現実があっても、毎年2億円程度の利益を出したいと思っている億トレーダーaki氏は、ドル円700枚でトレードをしたり、ユーロ円1500枚でトレードをしたり、ポンド円3000枚デトレードをしています。

1.aki FX氏が億トレーダーになる流れ。

億トレーダーaki氏は、億トレーダーになるために、時給2000円の肉体労働系アルバイトを3年ほどこなすことで、800万円の貯金をためています。その後、億トレーダーaki氏は、800万円の貯金を原資にして、国内FX口座で低レバトレードに徹することで、国内FX口座残高を2億円にすることに成功しています。

2.aki FX氏はFXトレードで失敗している

億トレーダーaki氏は、ここぞというときのハイレバトレードの失敗により、200万円もの大金を何度も失うという体験をしてきたと自分のツイッター・ブログで語っています。

3.aki FX氏は会社経営もしている。

aki FX氏は、音楽大学卒業でありながら、音楽家になるという道へ進むことなく、家庭教師会社の経営をしています。この家庭教師会社の経営でいくらの収益をだしているか?の詳細については、億トレーダーaki氏は無言を貫いています。

億トレーダーakiさんの退場情報。

億トレーダーaki氏は、10円~20円の変動が当たり前のコロナショック相場に対応することができず、コロナショック相場で一撃5000万円の損失をだしてしまい、為替相場から退場する選択をしています。その後、コロナショックが収まり、ドル円が円安水準になると同時に、億トレーダーaki氏は、国内FX口座で,200万通貨単位で豪ドル円取引をしたり、500万円通貨単位でポンド円取引をしています。

資金額が数億円を超えている人は、低レバレッジトレードでも数千万円の損失をだすことになるし、低レバレッジトレードでも為替相場から退場するという決断を下すことになる。逆に、資金力が1万円しかない人は、ハイレバトレードでも数千円の損失で済むし、ハイレバトレードで為替相場から退場する決断をくださなくてもすむ。これらのことは、億トレーダーaki氏に注目している人はしっておくべきこと。

億トレーダーaki氏のFX手法。

1.値ごろ感でなんとなく、逆張りトレードをする。

億トレーダーaki氏は、値ごろ感でなんとなく逆張り豪ドルショートをするという手法を多用することもあるし、値ごろ感で逆張りポンド円ショートをするという手法を多用することがあります。それと、億トレーダーaki氏のように、値ごろ感で豪ドル500枚ショートをすると、含み損80pipsを抱える地獄を体験したり、値ごろ感で逆張りポンド円700枚ショートをすると、含み損200pipsを抱える地獄を体験することになります。

2.低レバレッジで生き残るトレードを第一とする。

億トレーダーaki氏は、ハイレバトレードで資金の何倍ものお金を稼ぐ道を選ぶことなく、低レバトレードで資金を維持することを第一とする道を選んでいます。なぜ億トレーダーaki氏が低レバトレードを選択するようになったか?については、ハイレバトレードで有り金全てをうしなうことを繰り返すことにより、低レバトレードこそが正義であるという考えに至ったと、億トレーダーaki氏を発言しています。

ハイレバトレードをすると、資金0円を恐れるあまり、FXトレードで間違った判断をしてしまいますし、低レバトレードをすると、資金の大半を維持できる安心感でメンタルが安定して、FXトレードで正しい判断ができます。これらのことは、億トレーダーaki氏のファンや、億トレーダーaki氏のアンチが知るべき事実。

3.移動平均線をつかったスキャルピング・デイトレード・スイングトレード。

億トレーダーaki氏は、短期での移動平均線を使ったスキャルピングをしたり、中期での移動平均線を使ったデイトレードをしたり、長期の移動平均線を使ったスイングトレードをしたりします。もちろん、億トレーダーaki氏は低レバ姿勢を貫いているので、短期での移動平均線を使ったスキャルピングで利益をだせていますし、中期での移動平均線のデイトレードでも利益を出せていますし、長期での移動平均線をつかったスイングトレードでも利益を出すことができています。

4.経済指標スキャルピング。

億トレーダーaki氏は、EUの経済指標が良好だから、ユーロ円ロングでエントリーするや、EUの経済指標が悪化だから、ユーロ円ショートでエントリーをするをするということをします。この情報とセットで覚えておくことは、EUの経済指標が良好であっても、ユーロ円レートが円安に動かず、ユーロ円レートが円高に動くこともあるし、EUの経済指標が悪化でも、ユーロ円レートが円高にうごかず、ユーロ円レートが円安にうごくことがあるということ。

億トレーダーaki氏を見習ったFX初心者の末路。

努力すれば、難易度の高いポンド円取引で利益を出せるかもしれないとか、努力すれば難易度の高いユーロ円取引で利益を出せるかもしれないという考えをFX初心者はもちがちです。そんなFX初心者が、億トレーダーaki氏がポンド円トレードをしている様子を見ると、億トレーダーでもポンド円トレードをしているのだから、ポンド円トレードをすることは正義であると思い込んでしまいます。

ポンド円トレードは正義と思いこいみ、ポンド円トレードに夢中になったFX初心者は、含み損400pipsのポンド円10枚売りのポジションを損切りしたりする地獄を体験したり、含み損500pipsユーロ円20枚のポジションを損切りしたりする地獄を体験することになります。

億トレーダーaki氏を見習わなかったFX初心者。

億トレーダーaki氏がポンド円取引で利益をだせたからといって、自分がポンド円取引で利益を出せるわけではないし、億トレーダーaki氏がユーロ円取引で利益をだせたからといって、自分がポンド円取引で利益をだせるわけでないと認識しているFX初心者もいます。これに該当するFX初心者は、生き残れる可能性が低いポンド円取引・ユーロ円取引に手を出さず、生き残れる可能性が高いドル円取引のみを行います。

ドル円トレードしかやらないと決意しているFX初心者でも、ついつい5万円の利益が欲しいなあという欲望にまけてしまい、20ロット単位でユーロ円取引・ポンド円取引をするミスを犯します。

公式サイト
GEMFOREX

入金必要なし、利益全額出金可能、gemforex新規口座開設で証拠金2万円プレゼント中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする