ハイレバレッジのメリット・デメリットとは?。

1000万円をFXで稼ぎたい、2000万円をFXで稼ぎたい、あわよくば20億円くらいFXで稼ぎたいと夢見ているときは、ハイレバレッジトレードで勝ちまくったときの妄想しかしないし、才能あふれる俺がゼロカットされるということを妄想することはない。これに当てはまる人は、ハイレバトレードを始める前に、100円でも250円でもFX取引で稼げたら幸せである、たぶんFXの収益が100万円を軽々超えることはない、ooリスクに目を向けておこうという意識をもち、ハイレバレッジのトレードを開始すると、ハイレバレッジのトレードで一年10万円~25万円を稼げるようになる。

ハイレバレッジの取引でゼロカットされた経験、ハイレバレッジ取引で強制ロスカットされた経験をするたびに、ハイレバレッジ取引でやってはいけないリストが自分の中で構築されていき、ハイレバレッジ取引で負ける回数が極端に減っていくので、ハイレバレッジのトレードでゼロカット/ロスカットされることにも利点があります。これ以外には、やはり、ハイレバレッジでFX取引をやっていくと強い意志を持った人のみが、CISさん資金200億円以上のFXトレーダーになれたり、資金10億円以上の黒猫アイランドクラスの専業トレーダーになれたり、KAZMAXさんのような資金50億以上の専業トレーダーになれたり、億トレーダーakiさんのような資金3億円の専業トレーダーになれます。今回は、ハイレバレッジのメリット・デメリットとは?をテーマにして記事を書いていきます。

ハイレバレッジの詳細情報。

レバレッジ1倍/レバレッジ3倍/レバレッジ5倍/レバレッジ10倍までは、低レバレッジ扱いとされていますが、人によってはレバレッジ5倍/レバレッジ10倍をハイレバレッジと扱う人もいるみたいです。なぜレバレッジ1倍~レバレッジ10倍が低レバレッジかというと世間一般では1000PIPSの含み損に耐えられれば低レバレッジであり、1000PIPSの含み損に耐えられないレバレッジはハイレバレッジ扱いされています。

レバレッジ25倍/レバレッジ50倍/レバレッジ100倍/レバレッジ200倍/レバレッジ400倍/レバレッジ888倍/レバレッジ1000倍/レバレッジ3000倍/レバレッジ5000倍をハイレバレッジと扱いますが、XM戦士やGemForex戦士やtitanFX戦士は、レバレッジ100倍~レバレッジ400倍をハイレバレッジとは認めず、レバレッジ500倍以上からがハイレバレッジであると発言します。それと、世間一般では、レバレッジ25倍がハイレバレッジで、レバレッジ50倍以上はハイレバレッジを超える存在でもあり、未知との出会いだったりします。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座の2万円口座開設ボーナスプレゼントキャンペーン開催中です。

ハイレバレッジを扱うメリット

ハイレバレッジを扱うメリットは、ハイレバレッジという武器を獲得することができること。&損失を覚悟して、FX取引をするようになること。&たった20分~90分で800万円の利益が手に入ること&ハイレバレッジ界隈の海外FX口座に詳しくなると多種多様な戦略がとれる&チャンスが到来するまで時間を待つことができること&危機察知能力をフルに生かせること&為替相場の動きが手にとってわかるようになること&FX取引に使う時間を少なめに抑えることができること。&リスクを背負って生きているという環境に身をおけること。&為替相場は面白いということに気づけること。&ハイレバレッジ対応の海外FX口座のスプレッド競争が激しくなっていること&追証なしゼロカットシステムありであること&ハイレバレッジ取引時にメンタルが安定する術を習得できること。&強制ロスカットが発動が遅い傾向があること。などがあります。

ハイレバレッジという武器を獲得することができること。

ハイレバレッジという武器がないと、ハイレバレッジという武器を使用しておけば、今ごろ250万円の利益がでていたはずなのにという後悔の念を抱きますが、ハイレバレッジという武器があると、ハイレバという武器を有効活用することで、利益250万円を得ることができたぞという結果を経験できます。

損失を覚悟して、FX取引をするようになること。

損失を出す覚悟ができていない、そうか低レバレッジで強制ロスカット/ゼロカットをされなければなんとかなるさという人が、ハイレバレッジを使わずに、低レバレッジでFX取引をしています。それと比較して、損失のことを覚悟し、ハイレバレッジで10000円/20000円の利益を出すことしか頭にない人が低レバレッジを使わずに、ハイレバレッジ取引をしています。これらの二つの具体例から得られる情報は、損失の覚悟がある人だけが踏み込める領域がハイレバレッジである。

たった20分~90分で800万円の利益が手に入ること

レバレッジ5倍~レバレッジ10倍時代は、たった20分~90分もFX取引をしたのに、50円~150円しか利益がでず、時給50円の仕事をするのがこんなにもしんどいとは思わなかったという感情を持ちます。それと比べて、レバレッジ100倍~レバレッジ5000倍時代は、たった20分~90分で800万円の利益がでて、時給800万円の仕事をしている俺は超有能すぎるなあという感想を持つことができます。これらの具体例から得られる情報は、時給を高くすることを意識するのであれば、ハイレバレッジは必須で、時給に対するこだわりをもた

ハイレバレッジ界隈の海外FX口座に詳しくなると、多種多様な戦略がとれる。

ハイレバレッジ界隈の海外FX口座に詳しくなると、今回は資金3000円/レバレッジ1000倍の条件でFX取引をするぞとか、今回は資金15000円/レバレッジ100倍の条件でFX取引をするぞとか、ゼロカット回数2回で累計損失2万円だけど一度のレバレッジ1000倍のFX取引で5万円の利益を出して、トータルプラス3万円にもっていくぞなどのトレード戦略を立てることができます。それと比較して、ハイレバレッジ経験がなく、海外FX口座に詳しくないと、アホのひとつ覚えみたいに資金20万円/レバレッジ1000倍で、ドル円160枚のポジションを保有する戦略しかとれません。

チャンスが到来するまで時間を待つことができること

ハイレバレッジを活用するぞといきこんでいるときは、きっちりと勝てるチャンスが来るまで、ドル円/ユーロ円/ポンド円のエントリーを待つことができます。それと比較して、レバレッジ10倍を活用するぞと思っているときは、なんだか勝てるかもしれない感じがあるし、ドル円/ユーロ円/ポンド円のエントリーをします。これらの二つ事例から得られることは、ハイレバレッジをメインにしている人は、チャンスが到来することまで待てるが、低レバレッジをメインにしている人は、勝てるかもしれないという相場の雰囲気に流されやすい。

危機察知能力をフルに生かせること

ハイレバレッジ〔レバレッジ100倍〕を活用したあたりから、これはやばいやつがくるかもしれないという危険察知ができるようになりますが、レバレッジ10倍を活用しているときは、やばいやつが来るなんてことすら興味がないで済ませてしまいます。これら二つを実際に体験すると、危機を察知できるハイレバレッジ〔レバレッジ100倍〕のFX取引のほうが安全なのではないか?という答えにいたります。

為替相場の動きが手にとってわかるようになること

ハイレバレッジを活用していると、自分の第六感がフル稼働し、為替相場の動きが手に取るようにわかるようになります。こういう状態になるには、ハイレバレッジでのFX取引/CFD取引で、ある程度の修羅場を潜り抜けてきたり、ある程度のおいしい経験をしたりする必要があります。

FX取引に使う時間を少なめに抑えることができること。

ハイレバレッジでは自分の目標利益額に短時間で到達することになるため、ハイレバレッジ戦士は、FX取引に使う時間が少なめになり、FX取引以外の時間を趣味にまわすことができます。それと比べ、低レバレッジは、ほんとにFXトレードが大成功しないと、自分の目標利益額に短時間で到達することはありえないし、低レバで目標利益額を達成しないといけないという感情から、FXチャートに張り付く時間が増えてしまい、FX取引に使う時間が多くなり、趣味の時間を取れなくなります。これらの二つの事例から得られることは、時間を有効活用したい人はハイレバ戦士になろう。

リスクを背負って生きているという環境に身をおけること

レバレッジ5倍時代は、リスクをとらずに、FX取引で小銭を拾いにいき、人生の時間を無駄にするという感じでしたが、レバレッジ500倍のハイレバレッジ時代は、リスクをとり、FX取引でサラリーマンの月収の8倍を稼ぎ、人生の時間を有効に使うだけでなく、リスクを背負って生きる環境に身をおくことができています。

為替相場は面白いということに気づけること。

今までの努力の結晶である300万円を、ものの数分で稼ぎ出せるし、ものの数分で300万円が消え飛ぶというハイレバレッジ取引をしていると、自分のたった一つの選択で、人生ががらりと変わる為替相場は面白いし、先がどうなるかわからない為替相場に身を置くことがとても面白いなと感じる。

ハイレバレッジ対応の海外FX口座のスプレッド競争が激しくなっていること

今より5年から6年まえは、ハイレバレッジ対応の海外口座のドル円/ユーロ円スプレッドは2.5PIPSほどだったし、ポンド円スプレッドが8.0PIPSを超えていたんだ。それが、2020現在は、ハイレバレッジ対応の海外口座のドル円/ユーロ円スプレッドは1.2PIPSで、ポンド円スプレッドが2.3PIPSほどしかないんだ。

追証なしゼロカットシステムありであること

追証ありの国内FX口座を使っていると、追証という最悪なことばかり考えてしまい、ドル円/ユーロ円のポジションを保有しているときに、気が気じゃない。だけど、追証なしゼロカットシステムありの海外FX口座を使っていると、追証は確実に回避できるという希望から、ドル円/ユーロ円のポジションを保有しているときに気分が落ち込むことがない。

ハイレバレッジ取引時にメンタルが安定する術を習得できること。

ハイレバレッジ取引に手を出してから、一日~30日は、ハイレバ取引でメンタルが安定することはなく、ゼロカットされたくない、ゼロカットされたら就職しないといけない、ゼロカットされたら生きている意味がわかんなくなるという感情に支配されます。これが、ハイレバレッジ取引に手をだしてから、2ヶ月~3ヶ月くらいたつと、ハイレバレッジ取引でメンタルが安定するようになり、ハイレバレッジ取引のときは負の感情をなにも考えない、無の感情でいようと心の底から思うことができます。

強制ロスカットの発動が遅い傾向があること

ハイレバレッジ〔レバレッジ400倍~レバレッジ1000倍〕の海外FX口座は、強制ロスカットなし、強制ロスカット20パーセントとされていて、強制ロスカットの発動が遅い傾向があります。そのおかげで、海外FX口座利用者は、早すぎる強制ロスカットで為替相場から退場するという事態を防止できているし、自分が心の底から納得できる損失の出し方ができています。

ハイレバレッジのデメリットとは?

ハイレバレッジのデメリットは、レバレッジ25倍~レバレッジ1000倍は退場のリスクがあること。&お金の価値がわからなくなってしまうこと。などがあります。

レバレッジ25倍~レバレッジ1000倍は退場のリスクがあること。

レバレッジ25倍~レバレッジ1000倍のハイレバレッジを利用している海外FX戦士は、1PIPS~500PIPSのレンジ相場のうちは生存することができますが、700PIPSのトレンド相場がきたら、海外FX口座の残高が0円になります。これを回避するには、ハイレバレッジを使わずに、最初から、レバレッジ5倍程度を使うようにすればよいのです。

お金の価値がわからなくなってしまうこと。

ハイレバレッジで、一瞬で35万円の利益がでると、35万円ってこんなにも簡単に稼げるお金だったっけと思えるし、ハイレバレッジで一瞬で30万円の損失がでると、30万円ってこんなにも簡単に失っていいお金だったっけと思うようになるし、お金の価値がわからなくなってきたなあとも思うようになります。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座の2万円口座開設ボーナスプレゼントキャンペーン開催中です。

レバレッジ情報

レバレッジ1倍で稼ぐことが可能なのか?
レバレッジ3倍の証拠金維持率/スワップポイント/強制ロスカットの情報。                                
レバレッジ5倍は、安全なのか?、危険なのか?、その他情報。
FXレバレッジ10倍の規制はあるのか?。  
FXにおけるレバレッジ25倍は安全なのか?危険なのか?。レバレッジ25倍取引のメリット/デメリット。                                
レバレッジ100倍の詳細情報。
レバレッジ200倍の詳細。
レバレッジ400倍の詳細。
レバレッジ888倍のメリットとデメリットについて。
レバレッジ1000倍やってみた。
レバレッジ3000倍やってみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする