レバレッジ100倍の詳細情報。

レバレッジ1倍は12500PIPS〔125円〕でゼロカットされることから、こんなこと絶対にありえないぞという状況に巻き込まれない限り、ゼロカットを経験することはないし、レバレッジ5倍は2500PIPS〔25円〕でゼロカットされることから、損切りができない人がレバレッジ5倍のFX取引でゼロカットを経験を経験することになるし、レバレッジ10倍は1250PIPS〔12.5円〕でゼロカットされることから、5年に一度の変動に巻き込まれた人がレバレッジ10倍のFX取引でゼロカットを経験することになるし、レバレッジ25倍は500PIPS〔5円〕でゼロカットされることから、1年に一度の大変動に巻き込まれた人がレバレッジ25倍のFX取引でゼロカットを経験することになるし、レバレッジ50倍は、250PIPS〔2.5円〕でゼロカットされることから、早め早めの損切りアクションを起こせない人がレバレッジ50倍のFX取引でゼロカットされることになるし、レバレッジ100倍は、100PIPS〔1円〕でゼロカットされることから、10PIPS損切りルールを守れない人が、レバレッジ100倍のFX取引でゼロカットされることになるし、レバレッジ200倍は、50PIPS〔0.5円〕でゼロカットされることから、判断ミスをしてしまった人がレバレッジ200倍のFX取引でゼロカットを経験することになるし、レバレッジ400倍は25PIPS〔0.25円〕でゼロカットされることから、慎重さに定評がないFXトレーダーがレバレッジ400倍のFX取引でゼロカットされることになるし、レバレッジ888倍は8PIPS〔0.08円〕でゼロカットされることから、ハイレバ依存のFXトレーダーがレバレッジ888倍のFX取引でゼロカットされることになるし、レバレッジ1000倍は6PIPS〔0.06円〕でゼロカットされることから、資金1万円のハイレバ戦士がレバレッジ1000倍のFX取引でゼロカットされることになるし、レバレッジ3000倍は2PIPSデゼロカットされることから、レバ管理ができない人がレバレッジ3000倍のFX取引でゼロカットされることになる。これらのことを把握しておくだけで、レバレッジ100倍のFX取引で、自分が望んだ結果を出すことができる。

レバレッジ100倍のロスカットライン。

1.ロスカットしないタイプ。〔レバレッジ100倍〕

自己資金の100パーセントを失う覚悟があり、資金1000円~10万円ほどに当てはまる人は、レバレッジ100倍のロスカットラインを決めずに、自分がロスカットしたいと感じたところでロスカットをするか、絶対にロスカットなんてしないぞという意思をもっておくとよい。これしかできなくなると、1回のゼロカットを経験するだけには終わらず、まさかまさの40回連続ゼロカットを経験することになります。

2.1PIPS~5PIPSロスカット〔レバレッジ100倍〕

自己資金を失うことを極度に恐れているレバレッジ100倍使いは、損失額を小さくしたい感情に飲み込まれてしまい、ロスカットラインは1PIPS~5PIPSにしないといけないんだと思い込んでしまう。これに当てはまると、1PIPSで損切りしたポンド円ポジションを今保有していれば、ポンド円に10PIPSの含み益がのったのにということを何度も経験することになります。

3.5PIPS~10PIPSでロスカット。〔レバレッジ100倍〕

レバレッジ10倍ほどであれば、ドル円でも5PIPS~10PIPSの含み損で敗戦濃厚になることはないし、ユーロ円でも5PIPS~10PIPSの含み損でも敗戦濃厚になることはないけれど、レバレッジ100倍であれば、ドル円5PIPS~10PIPSの含み損でも自己資産の1割の損失になるし、ユーロ円5PIPS~10PIPSの含み損自己資産1割の損失になることから、ドル円/ユーロ円の含み損5PIPSでこれはもう敗戦濃厚なんじゃないかと思い始めてしまうし、5PIPS~10PIPSの含み損有りドル円/ユーロ円ポジションをロスカットする。

4.10PIPS~15PIPSでロスカット。〔レバレッジ100倍〕

レバレッジ5倍ほどであれば、ユーロ円の10PIPS~15PIPSの含み損は負けが確定したとは断言することはできないし、ポンド円で10PIPS~15PIPSの含み損はまだ勝ちの余地を残しているんだけど、レバレッジ100倍になると、ユーロ円15PIPSの含み損で自己資金15パーセントが消えたことになるし、ポンド円15PIPSの含み損で自己資金15パーセントがきえたことになることから、ユーロ円/ポンド円の含み損15PIPSで俺はもう完全にダメかもしれんねという思考をもち、含み損15PIPSのユーロ円/ポンド円のポジションをロスカットする。

5.20PIPS以上でロスカット。

レバレッジ5倍ほどであれば、ユーロ円20PIPSの含み損、俺はユーロ円の含み損が60PIPSになるまで損切りせーへんでーというのりでいられるし、ポンド円の20PIPSの含み損、俺はポンド円の含み損が100PIPSになるまで損切りなんてせーへんという思考を持つことができる。それに比べて、レバレッジ100倍になると、ユーロ円20PIPSの含み損で自己資金の2割が消失、ポンド円20PIPSで自己資金の2割が消失することから、ユーロ円/ポンド円の含み損20PIPSで俺はFX取引にであわなければよかったという思考を持ち、含み損20PIPSのユーロ円/ポンド円のポジションをロスカットする。

6.50PIPS以上でロスカット。

レバレッジ5倍とか、レバレッジ10倍であれば、50PIPSの含み損なんて恐れるに足らずの精神をもてますが、レバレッジ100倍だと50PIPSの含み損で自己資金半減で、50PIPSの含み損がこんなにも恐ろしいものだとは思わなかったということになります。

公式サイト
GEMFOREX

GemForexは、口座開設ボーナス2万円プレゼントのキャンペーンを開催しています。

レバレッジ100倍を活用するメリット。

レバレッジ100倍を活用するメリットは、強制ロスカットされないは重要だと理解できること。&ゼロカットで資金0になることが一番やってはいけないことだと理解できること。&含み損と心理の密接な関係をしれる&なんとかなると思えるレバレッジはレバレッジ100倍までと知れること。&レバレッジ100倍を活用するとドル円専門トレーダーになること。&資産1500万円以上でのレバレッジ100倍のFX取引をすると緊張することがしれること&低レバレッジを扱うリスクを知れること。&リスクを取る=リターンが得られること。&億トレーダーへの一歩を踏み出せる&ハイレバ時のメンタルを知れる。などがあります。

強制ロスカットされないは重要だと理解できること。

レバレッジ5倍程度だと、損切りできない人でも、強制ロスカットされるなんてことが発生しないので、ロスカットの重要度の高さに気づくことはほぼありませんが、レバレッジ100倍程度だと損切りできない人だと、強制ロスカットされ、資金が20㌫になるので、強制ロスカットしないとひでえことになるんだなと理解することができます。

ゼロカットで資金0になることが一番やってはいけないことだと理解できること。

レバレッジ5倍程度だと、損切りできない人でもゼロカットされるなんてことが発生しないので、レバレッジ5倍利用者は、ゼロカットされたとか何?、ゼロカットという単語の意味がわからない、ゼロカットされるとかださいという価値観をもちます。逆に、レバレッジ100倍程度だと、損切りできないとゼロカットされることに直面するので、レバレッジ100倍利用者は、ゼロカットされるのだけは防止したいとか、損切りできるようになりたいとか、欲をかきすぎたらいけない。

含み損と心理の密接な関係をしれる。

レバレッジ10倍程度だと、ゼロカットの含み損1200PIPSまで程遠いし、まだ損切りしないでもよいという感情を持つし、レバレッジ25倍程度だと、ゼロカット含み損500PIPSまで遠いし、まだ損切りする必要ナッシングという感情をもつ。逆に、レバレッジ100倍程度だと、ドル円のポジションを保有した直後に、ゼロカットの含み損100PIPSしかないという状況に追い込まれる。これら二つの経験をした人は、レバレッジが高いと含み損PIPSに関心をもちがちだけど、レバレッジが低いと含み損PIPSに関心をもたないよな。

なんとかなると思えるレバレッジはレバレッジ100倍までと知れること。

レバレッジ400倍~レバレッジ1000倍だと、ほんの8PIPSでゼロカかあ、ほんと7PIPSでゼロカであることもあって、レバレッジ400倍を活用すると、人生どうにもならないことがあるかもしれないという感情を持ちます。それと比べて、レバレッジ100倍だと、100PIPSも耐え忍ぶことができることもなって、人生生きていればなんとかなるよねという感情をもてます。これら二つの経験をする人がたどり着く結論は、なんとかなると思えるレバレッジはレバレッジ100倍までと知れること

レバレッジ100倍を活用するとドル円専門トレーダーになること。

レバレッジ5倍~10倍だと、含み損に対する恐れが0なことから、変化PIPSが大きいポンド円専門トレーダーになりがちですが、レバレッジ100倍だと、含み損に対する恐れが究極に高くなることから、変化PIPS数が小さく、損失が小さく押さえられるドル円トレーダーになりがちです。

資産1500万円以上でのレバレッジ100倍のFX取引をすると緊張することがしれること

資金5000円のうちや資金8000円のうちや資金17000円のうちは、レバレッジ100倍のFX取引損失を5000円から17000円までに抑えられるという事実があるから、資金5000円のFXトレーダーがレバレッジ100倍の取引で緊張することは皆無。それと比較して、資金1500万円以上のうちは、レバレッジ100倍のFX取引損失が1500万円になるかもしれない事実があるから、資金1500倍以上のFXトレーダーは、レバレッジ100倍のFX取引で緊張します。これら二つの経験は、FXトレーダーだったら絶対にしておいたほうがいい。

低レバレッジを扱うリスクを知れること。

規律を守れるFXトレーダーになり、レバレッジ100倍のFXトレード収支で一年で3000万円くらいを記録すると、低レバレッジって金がちょっとしか儲からないし、低レバレッジには時間を失うリスクがあるのではないか?という結論に至る。

リスクを取る=リターンが得られること。

レバレッジ10倍では、レバレッジ10倍分の損失を出すリスクしかとっていないため、レバレッジ10倍のFX取引でのリターンも小さくなります。それと、レバレッジ100倍では、レバレッジ100倍分の損失を出すリスクを背負うことで、レバレッジ100倍のFX取引でのリターンも大きくなります。これらのことからわかることは、レバレッジをあげるというリスクをとる=リターンを取るということなのだ。

億トレーダーへの一歩を踏み出せる

資金7万円~資金12万円しかない人が、レバレッジ10倍でFX取引をしていたところで、億トレーダーはおろか、資金7桁FXトレーダーにもなれません。じゃあどうすれるか?は、資金7万円~資金12万円しかない人が、レバレッジ100倍のFX取引をして、一回のFXトレードごとに自己資金を二倍にしていけば、いつかは億トレーダーになれる。

ハイレバ時のメンタルを知れる。

レバレッジ100倍をやってみたというものだけが、ハイレバ〔レバレッジ100倍〕時のメンタルを知れるから、FX取引のプロフェッショナルになりたいなら、レバレッジ100倍をやってみよう。

公式サイト
GEMFOREX

GemForexは、口座開設ボーナス2万円プレゼントのキャンペーンを開催しています。

関連記事
レバレッジ1000倍やってみた。
レバレッジ3000倍やってみた。
レバレッジ888倍のメリットとデメリットについて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする