レバレッジ5倍は、安全なのか?、危険なのか?、その他情報。

レバレッジ5倍を使っているうちに、安全に決まっているからロスカット判断をすることはないとか、強制ロスカットされる確率は5パーセントくらいだろとか、追証が発生する確率は2パーセントくらいだろという発言をしている人は、レバレッジ5倍のFX取引で2000PIPS級の含み損を抱え、どうして含み損50PIPSのときに損切りしなかったんだと悩んだり、含み損2000PIPSのポジションを保有し続けるのがこんなにもしんどーとは思わなかったという感想をもちます。それと比較して、レバレッジ100倍~レバレッジ1000倍を使っているうちに、危険かもしれないからロスカットは早く、強制ロスカットされる確率は50パーセントくらい、追証が発生する確率は40パーセントくらいだろと発言している人は、含み損が5PIPSのときにロスカットするのが一番安全だな、ロスカット癖がついてからFX怖いと思うことが皆無になったという感想を持つようになります。これら二つの事例からわかることは、レバレッジ5倍かつロスカットが早ければ、レバレッジ5倍のFX取引が安全、レバレッジ5倍かつロスカットが遅ければ、レバレッジ5倍のFX取引は危険。

レバレッジ5倍は安全。

レバレッジ5倍であれば、1PIPS~2000PIPSのドル円/ユーロ円/ポンド円の値動きに耐えることができるかつ、100PIPS~200PIPSのレンジ相場、200PIPS~500PIPSのレンジ相場、500PIPS~700PIPSのレンジ相場、700PIPS~1500PIPSのレンジ相場、1500PIPS~2000PIPSのレンジ相場で利益を出すことが可能になります。それと比較して、レバレッジ100倍だと、1PIPS~100PIPSのドル円/ユーロ円/ポンド円の値動きに耐えることができるかつ、1PIPS~10PIPSのレンジ相場、10PIPS~25PIPSのレンジ相場、25PIPS~50PIPSのレンジ相場、50PIPS~75pIPSのレンジ相場、75PIPS~100PIPSのレンジ相場で利益を出すことが可能となりますが、100PIPS以上のレンジ相場では利益が出せません。これらのことからわかることは、2000PIPS以内のレンジ相場が続いているうちはレバレッジ5倍のFX取引で損失を出すことはないことと、レバレッジ100倍のFX取引は、100PIPS以内のレンジ相場でしか勝てないこと。

レバレッジ5倍は危険

レバレッジ5倍でも、リーマンショック級の30円~40円のドル円/ユーロ円/ポンド円の下落に巻き込まれると、日本の国内FX残高が0となり、数百万規模の追証金が発生することがあるので、レバレッジ5倍が安全だという幻想にとらわれすぎてはいけません。じゃあ、どうすればいいのか?、レバレッジ5倍のFX取引だから安全という甘い思考をすて、常時リーマン級の変動を想定しておき、通貨ペアのポジションを保有しないでいる状態でいることの重要を認識しておけばよいのです。

レバレッジ5倍の必要証拠金情報。

レバレッジ5倍の場合、必要証拠金25万円~30万円で、ドル円1Lot/ユーロ円1Lot/ポンド円1Lotを保有することが可能ですし、証拠金維持率0%まで通貨ペアのポジション保有OKの海外FX口座だと2500PIPS~3000PIPSの含み損に耐えることができますが、強制ロスカット20%の海外FX口座だと2000PIPS~2400PIPSの含み損に耐えられますし、強制ロスカット50パーセントの国内FX口座だと1250PIPS~1500PIPSの含み損に耐えられます。

レバレッジ5倍の証拠金維持率情報。

ドル円1Lot/ユーロ円1Lot/ポンド円1Lotを保有したときのレバレッジ5倍の証拠金維持率は、2500パーセント~3000パーセントとなっており、25円~30円の変動に耐えられますが、FXトレードの機会損失を防いだり、含み損に耐える日々におさらばしたいのであれば、レバレッジ5倍のFX取引でも、ロスカットをする決断がかなり需要になってきます。

レバレッジ5倍を扱うメリット。

レバレッジ5倍を扱うメリットは、一日で為替相場から退場する経験をすることがない。&なんとかなるさというメンタルを持つことができること。&損失額が増えすぎないという確信を持つことができる。&保有しているドル円/ユーロ円/ポンド円のことが気にならなくなる。&為替レートを週1回ほどしかチェックしなくなる。などがあります。

一日で為替相場から退場する経験をすることがない。

レバレッジ25倍~レバレッジ100倍〔100PIPS~500PIPSの含み損に耐えれる〕だと、一日1円~5円の変動に耐え切ることができず、為替相場から退場することになりますが、レバレッジ5倍〔2500PIPS~3000PIPSの含み損に耐えられる〕だと、一日5円~7円の変動に耐え切ることができ、99パーセントの確率で一日で為替相場から退場することはありません。

なんとかなるさメンタルをもてる。

レバレッジ5倍だと、損失額も許容範囲内だし、なんとかなるでしょというメンタルをもって、海外FX口座でレバレッジ5倍のFX取引をすることができます。これが、レバレッジ400倍になると、損失額が許容できないになることもあるし、なんとなかならないこともあるんだなメンタルを持ち、海外FX口座でレバレッジ400倍のFX取引をすることになる。

損失額が増えすぎないという確信を持つことができる。

レバレッジ5倍でFX取引をしている最中、損失額が増えすぎないという確信を持つことができる気持ちが持てることから、レバレッジ5倍のFX戦士は、FX取引でうつ病になったり、精神不安定になったりすることはない。それと比較して、レバレッジ200倍でFX取引をしている最中、損失額が増えすぎて、精神がどうにかなりそうだという精神になることから、レバレッジ200倍のFX戦士は精神が不安定になりやすい。

保有しているドル円/ユーロ円/ポンド円のことが気にならなくなる。

レバレッジ5倍時は、保有しているドル円/ユーロ円/ポンド円がゼロカットされない確信があることから、自分が保有しているレバレッジ5倍のドル円/ユーロ円/ポンド円の含み損や利益額がまったくきにならなくなります。それと比較して、レバレッジ200倍時は、ドル円/ユーロ円/ポンド円がゼロカットされる可能性があることから、自分が保有しているドル円/ユーロ円/ポンド円の含み損や利益額が気になるようになります。

為替レートを週1回ほどしかチェックしなくなる

レバレッジ5倍でスキャルピングをすることがしんどくなると、レバレッジ5倍でスイングトレードをするようになり、為替レートも週一回ほどしかチェックしなくなる。当然、為替レートを週一回ほどしかチェックしなくなると、為替レートをみていた時間を遊びの時間に回すことができ、人生を有意義に過ごすことができる。

レバレッジ5倍を扱うデメリット。

レバレッジ5倍を扱うデメリットは、損切りができる決断力が身につかないことやFX資金の自由度がなくなることなどがあります。

損切りができる決断力が身につかないこと

レバレッジ5倍だと、このドル円ポジが一週間後に救済されるんじゃないか?、このユーロ円ポジが一ヶ月後に救済されるんじゃないか?、このポンド円ポジが半年跡に救済されるんじゃないか?という希望的観測から、レバレッジ5倍のドル円/ユーロ円/ポンド円のポジションを損切りできません。これを繰り返してしまうと、5年たっても損切りする決断力をみにつけられません。

資金の自由度がなくなる。

資金300万円入金済みの国内FX口座でレバレッジ5倍のスイングトレードを一年スパンでした場合、一年間は資金300万円の国内FX口座のドル円/ユーロ円/ポンド円ポジションを決済できず、300万円の資金が国内FX口座に縛り付けられてしまいます。

公式サイト
GEMFOREX

GemForex口座の2万円口座開設ボーナスプレゼントキャンペーン開催中です。

レバレッジ関連記事

FXレバレッジ10倍の規制はあるのか?。
レバレッジ100倍の詳細情報。
レバレッジ200倍の詳細。
レバレッジ400倍の詳細。
レバレッジ3000倍やってみた。
レバレッジ888倍のメリットとデメリットについて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする