fx 連敗期にするべきこと。

fx連敗期が訪れたことに気づかず、損失を取り戻そうとするFXトレーダーが大半をしめているし、fx連敗期が訪れたことに気づいて、損失を取り戻そうとしてはいけないと思いこむFXトレーダーが極少数である。以下のFX連敗期、FX連勝期特有の重要事項の具体例にも目を通していただきたいです。

fx連敗期が到来して、海外FX口座で15pipsの損切りを10回達成すると、もうFX取引で20pipsの利益確定できる日はこないのかなあという気持ちを持ってしまいます。そんな時こそ、扱うロット数を抑えて、損失額を減らすことだけを考えるようにして、FX10連敗の損失を取り戻すための大きいロットでの通貨ペア取引をしないと決意することが重要。

fx連敗期が終了して、海外FX口座で30pipsの利益確定を10回達成すると、自分の人生でFX取引で負けることはないでしょうという思い込んでしまいます。そんな時こそ、損失額を出した時に動揺しないように、扱うロット数を下げるようして、人生逆転を狙うのようなハイレバギャンブルとrトレードをしない決意をすることが重要。今回は、fx 連敗期とは?について触れていきます。

fx連敗期にするべきこと。

fx連敗期とは、何をやってもFX取引で勝てない時期であり、FX取引をやればやるほど、海外FX口座残高・国内FX口座残高が減っていくという状態である。このFX連敗期にするべきことは、なぜ自分がFX取引で損失を出しているのか?と分析することと、難しすぎる相場に手を出さない決意をすることことと、常に自分が正しいのだという考えを悔い改めるようにすることと、月いくら儲ける必要があると都合を捨てるようにすることと、トレードルールを守れているか?と自問自答することの5つ。

1.なぜ自分がFX取引で損失を出しているのか?と分析すること

FX取引で損失を出した時に、損失を出したことを忘れてしまおうとすると、何も成長することができませんが、FX損失を出した時に、なぜ自分がFX取引で損失を出したのか?と自問自答すると大きな成長をすることができます。この真理を重要視しているFXトレーダーはFX連敗期から抜け出すことができます。

2. 難しすぎる相場に手を出さない決意をすることこと

FX連敗期を体験していないと、難しい相場に手を出して、難しい相場で利益を出してなんぼ だという考えを持ちがちですが、FX連敗期を体験すると、難しい相場に手を出さずに、自己資金を守ることが一番大事だという考えを持ちがちです。これらのことを頭に叩き込んでいるFXトレーダーは、FX取引で大損する回数が少ない。

3.常に自分が正しいのだという考えを悔い改めるようにすること

FX連敗期を体験していないと、常に自分は正しく、自分は全知全能の神であると思い込んでしまいますが、FX連敗期を体験すると、常に自分が正しいことはないし、自分はただの凡人であるという考えを持つようになります。これらのことを頭に叩き込んでいるFXトレーダーは、変化が激しい為替相場でも生き残ることができる。

4.月いくら儲ける必要があると都合を捨てるようにすること

FX連敗期を体験していないと、月にいくら儲けないといけないということばかりを考えてしまうが、FX連敗期を体験すると、月いくら儲ける必要があるという都合を捨てるようになり、自分のペースでFX取引をしようという考えを持つようになります。これらのことは、FX初心者全員が知っておくべきことがである。

5.トレードルールを守れているか?と自問自答すること

FX連敗期を体験していないと、FXトレードルールを守る重要性について自問自答することもないが、FX連敗期を体験すると、FXトレードルールを守る重要性について自問自答するようになります。これらのことは、これからFX取引を頑張ろうと思っている人にこそ知ってもらいたいことである。

公式サイト
GEMFOREX

入金必要なし、利益全額出金可能、gemforex新規口座開設で証拠金2万円プレゼント中です。

fx連敗期について。(通貨ペア)

いつもならOOの要素が出れば、ドル円下落だからドル円ショートでしょという選択をしたら、なぜかドル円が60pips上昇していくという結末に。これを10回連続で体験すると、ドル円10連敗達成となり、fx連敗期が到来したことになります。

いつもなら、OOの要素が出れば、ユーロ円上昇だから、ユーロ円ロングでしょという選択をしたら、なぜかユーロ円が120pips下落していくという結末に。これを20回連続で体験すると、ユーロ円10連敗達成となり、fx連敗期が到来したことになります。

いつもなら、OOの要素が出ると、ポンド円下落だから、ポンド円ショートでしょという選択をしたら、なぜか、ポンド円300pips上昇していくという結末に。これを20回連続で体験すると、ポンド円20連敗達成隣、fx連敗期到来したことになります。

fx連敗期について。(結果論)

5回連続でユーロ円で30pipsの損切りを達成する結果を出した時に、FX連敗期だったんだな、あの時ユーロ円取引をする選択をしなければよかっという後悔の念を持ちます。これを体験した人がとるべき行動は、何があっても生き残れる確率 100%の地点でのみ通貨ペアの取引をしていくと決意することである。

何があっても為替相場で生き残れる確率 100%の地点の中身は、ドル円のレートが買われすぎ水準時にドル円が売られる材料が複数出ているとか、ユーロ円レートが売られすぎ水準時にユーロ円が買われる材料が複数出ているとか、これ以上の上昇は無理だろと思うくらいポンド円に売りオーダーが並んでいるとか、これ以上の下落を無理だろうと思うくらいの強烈なポンド円買オーダーが並んでいるなど。

fx連敗期(余剰資金)

fx連敗期に、命金の大半を失うと、自分の人生は完全終了だという答えを出してしまいますが、fx連敗期に、余剰資金の9割を失っても、明日のFXトレードで好成績を出せば良いだけだから何の問題もないとなります。これらを理解したFXトレーダーは命金でFXトレードする回数が0回となり、余剰資金でFXトレードする回数が大幅増となります。

命金でドル円取引をしたことで、ドル円取引の連敗期に突入した人が、命金でドル円取引をすることをやめて、余剰資金でドル円取引をした結果、ドル円取引で➕40pipsの利益確定に成功した。これらの一連の流れを体験したFXトレーダーは、命金しかない時はFXトレードをやらないでおき、余剰資金があるときのみFXFX取引をする決意をします。

fx 連敗期(常識に縛られる)

常識外のことが起こるポンド円では、ポンド円150円が買われすぎ水準だろうが、ポンド円155円まで買われていくことがある。この重要なことを忘れて、常識的に考えたら、ポンド円の天井は150円だから、ポンド円レート150円時に、ポンド円 100枚売りが正解だろと思い込んでしまうFXトレーダーは、ポンド円 100枚売りの含み損pips数が500pipsを超えてしまう地獄を体験するし、FX連敗期に突入してしまう。

常識的にこうだと思い始めた時には、ポンド円相場に参加しないようにすれば、ポンド円取引で損失を出さずに済むし、ポンド円特有のストレスを抱えなくて済む。

fx 連敗期(スプレッドで狩られる)

含み損500pips以上抱えてもOKのレバレッジを扱っている人であれば、早朝スプレッドの拡がりで狩られることもないし、経済指標スプレッドの拡がりで狩られることもないです。これに該当する人でも、スプレッドが拡がっている時に、通貨ペアのポジションを保有すると、拡がっているスプレッド分の含み損を抱えることになリマス。

含み損 100pips抱えたら資金0円になるレバレッジを扱っている人であれば、早朝スプレッドの拡がりで狩られることになるし、経済指標スプレッドの拡がりで狩られることもある。これに該当する人は、スプレッドの拡がりで狩られないためにも、扱うレバレッジを下げる選択をするか、早朝までには通貨ペアのポジションを決済するようにしよう。

公式サイト
GEMFOREX

入金必要なし、利益全額出金可能、gemforex新規口座開設で証拠金2万円プレゼント中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする