FX 結局ギャンブル。

FXで利益を出しすぎて、笑いが止まらない人は、FXはギャンブルじゃなくて、FX結局実力だろという発言をしますし、FX損失を出して、辛い思いをしている人は、FXは投資ではなく、FXはギャンブルであるという発言をします。以下の人によって、FXがギャンブルかどうかが決まると、FX 結局ギャンブルだと認識するべきの二つのことに目を通していただきたいです。

この先どうなるか?予測不可能な時にFX取引をすることはギャンブルであるが、この先どうなるか?を完全に予測することができる時にFXトレードをすることは投資である。この真理に気づくことができないFX初心者は、誰もが予測しづらい為替相場でFX取引をするというギャンブル行為を何度も繰り返してしまう。

この先どうなるか?と自分がわかっているのに、FX取引で損失を出してしまうことがあるから、FXは結局ギャンブルと言われる所以である。これを認識している人は、FX取引の損失を小さく抑えることを第一目標にして、損切りラインで損切りをするという行動を起こすことができる。今夏は、FX結局 ギャンブルについて、触れていきます。

FX 結局ギャンブル。

100%通貨ペアレートを的中させられないし、ほとんどの為替相場参加者がロット管理できないし、ほとんどの為替相場参加者が損切りできないという現状では、ほとんどのFXトレーダーにとって、FX 結局ギャンブルになってしまう。このことを完全に理解しているFXトレーダーは、損切り注文を入れて、利益が出せる確率が高い場所だけでFXトレードをすることで、FXトレードで1ヶ月数百万円以上の利益を出すことができています。

500pips以上の変動がある可能性があると感じた時にFXトレードをするのもギャンブルだし、大きな暴落が起こりやすい年末年始にFXトレードをするのも結局ギャンブルだし、損失を出す確率が高い米雇用統計時にドル円トレードをするのも結局ギャンブルだし、値頃感でポンド円ショートをするのもギャンブルだし、値頃感でユーロ円ショートするのも結局ギャンブルだ。これに気づいてしまうと、結局FXはギャンブルだからやめておこうかなという思考になります。

1.FX 結局ギャンブルではない。

資金力が5億を超えているFXトレーダーが扱う通貨ペアのロット数を下げる選択をした場合、FX退場原因の強制ロスカットを食らう回数0回、FX退場原因のゼロカットを食らう回数0回することができるし、どんなFXトレードも最終的に利益を出せます。→FX結局ギャンブルとはならず、FXトレードは投資となる。

資金力が1万円を超えているFXトレーダーが扱う通貨ペアのロット数をあげる選択をした場合、FX退場原因の強制ロスカット食らう回数20回、FX退場原因のゼロカットを食らう回数30回となりますし、FXトレードで生き残るのは無理という結論を出します。→FX結局ギャンブルになり、FXトレードは投機となる。

2.FX 結局ギャンブルである。

大きな枚数の通貨ペア取引の失敗により、FX口座残高の全てを失うことになるという事実がある時点でFXトレードは結局ギャンブルである。このことから目をそらして、海外FX口座でのハイレバトレードをしている人は、FX投資をしているのではなく、ただのギャンブルをギャンブルををしているだけである。

大きな枚数の通貨ペア取引の成功により、FX口座残高を大幅に増やすことができると、大きな枚数で通貨ペア取引をすればするほど、大金を稼ぐことができるという錯覚をします。この錯覚をしている人に気づいて欲しいことは、たった1回の大きな通貨ペアの取引に失敗すると、FX口座内にある資金が大幅に減るということ。

3.FXは意味不明。

ドル円相場が意味不明な動きをすることがある・ユーロ円相場が意味不明な動きをする・ポンド円相場が意味不明な動きをするという現実がある時点で、ドル円取引で利益を出せるかどうかは不透明であり、ドル円取引はギャンブルであるという理論がまかり通ってしまうし、ユーロ円取引で利益が出せるかどうかも不透明であり、ユーロ円取引はギャンブルであるという理論がまかり通ってしまうし、ポンド円取引で利益が出せるかどうかは不透明であり、ポンド円取引はギャンブルであるという理論がまかり通ってしまう。

意味不明なfx取引で利益を出すには、含み損額が少なくなる地点で少ないロット数で通貨ペア取引をすればいい。それなのに、負けまくり、FX勝てないことで苦しんでいる人は、為替レートを的中させることばかり囚われてしまい、本質の少ないロット数で通貨ペア取引をする本質を後回しにしてしまいます。

4.FX結局ギャンブルである。(少額資金、大金)

千円〜5万円の少額資金で、FXギャンブルトレードをした場合、失う金銭額も5万円いかに抑えることができ、FXトレードで人生終わった状態になることはありませんが、200万円の大金で、FXギャンブルトレードをした場合、失う金銭が最大200万円となり、不運が続くと、最大200万円ものお金を失うことになります。これらのことからわかることは、少額資金でのギャンブルトレードは失うものが少ないが、数百万でのギャンブルトレードは失うものが相当大きいということである。

少額資金でも、ギャンブルトレードをしない、大金でもギャンブルトレードをしないというルールを持っている人は、FXトレードで100%の確率で大損しなくても済み、FXトレードは投資であるという状態をキープすることができます。

5.FX結局ギャンブルである。(決断力の差)

損切りする決断力がない、利益確定する決断力がない人は、FXトレードで利益が出せるかどうかの難易度が上がりがちだし、FXトレードをすること自体がギャンブル行為である。これに当てハマる人は、お金を失うことを恐れずに、損失額を確定する損切り作業を実行する決断をしていく必要があるし、お金を増やしたいと思う気持ちをある程度抑えて、含み益を確定する利益確定作業を実行する決断をしていく必要がある。

損切りする決断力がある、利益確定する決断力がある人は、FXトレードで利益を出せる難易度が下がりがちだし、FXトレードをすること自体がただの投資行為となる。これに当てはまる人は、FX億トレーダーになれるし、FX取引の収益だけで生活していくことができる。

公式サイト
GEMFOREX

入金必要なし、利益全額出金可能、gemforex新規口座開設で証拠金2万円プレゼント中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする