FX 1日1pips獲得することについて。

FXベテランでも、大きくpipsを獲得しようとして、マイナス50pipsの損切りをする結末を招くこともあります。この実情がある以上、FX 1日50pips以上取りに行くのが正解ではなくなるし、FX 1日pips以上とりに行くのが正解の時もあります。以下のFX1pips獲得する習慣がある人や、FXで大損することが怖いという人に対する文言にも目を通していただきたいです。

FX 1日1pips獲得することを習慣にすることにより、FXトレード費やす時間を大きく削減することができたし、FXトレード原因のストレスを感じることがなくなったという結論を出す人もいます。この結論を出す人は、FX握力を発揮できず、FXトレードで微々たる利益しか出せません。

FXで大損することが怖いという感情に支配され、FX 1日1pips獲得する習慣が身についてしまったという人もいます。コレに当てはまる人がFX 1日1pips獲得するの習慣から抜け出すには、FXトレードで大損する未来を受け入れ、FX大損した時に対策を考えるようにすればいい。今回は、FX 1日1pips獲得することについて。記事を書いています。

FX 1日1pips獲得することについて。

FX 1日1pips獲得することについての概要は、『5pips〜10pips幅のドル円レンジ相場で、➕1pipsの利益確定を目標にして、ドル円スキャルピングすること』、『含み損30pips抱えたドル円10枚売りポジションを6時間抱えることに耐え抜いた結果、含み益1pipsのドル円10枚売りポジションを決済することができた。』、『500pipsを目標にドル円スイングトレードをしていたが、ドル円スイングトレードで大損することが怖くなり、➕1pips抱えたドル円10枚ロングのポジションを決済した』などがあります。

5pips〜10pips幅のドル円レンジ相場で、➕1pipsの利益確定を目標にして、ドル円スキャルピングする上で重要なことは、➕1pips獲得した事実に満足するようにして、もっと長期でドル円ポジションを握っていればよかったという後悔の念を抱かないようにすること。

含み損30pips抱えたドル円10枚売りポジションを6時間抱えることに耐え抜いた結果、含み益1pipsのドル円10枚売りポジションを決済するを実行すると、いつか、含み損200pips抱えたドル円10枚のポジションを損切りすることになりますし、もっと早く損切りしておけばよかったという後悔の念を抱くことに。

500pipsを目標にドル円スイングトレードをしていたが、ドル円スイングトレードで大損することが怖くなり、➕1pips抱えたドル円10枚ロングのポジションを決済したを実行することで、スイングトレードで300pips級の損切りする結末を完全回避することができます。

FX 1日1pipsしか取れないところでエントリーをする。

FX 1日1pipsしか取れないところでエントリーして、FX1日200pips抱えるリスクを抱えるのは賢い選択とは言えない。だったらどうすればいいのか?については、FX1日1pipsしか取れないところではFXトレードをしないで、FX1日60pips取れる確率が高いところでのFXトレードをするようにすればいい。以下のFX1日1pipsしか取れないところでエントリーする人と、FX1日1pipsしか取れないところでエントリーしない人の特徴に対する文言にも、目を通していただきたいです。

FX1日1pipsしか取れないところでエントリーする人は、1pipsの利益を取りに行くチャンスを逃してはいけないという思い込みが強い特徴があるし、FX1日1pipsしか取れないところでのエントリーを見逃す人は、低リターンハイリスク時にFXトレードをしないという特徴があります。

FX 1日1pips獲得する。(コツコツドカン。)

FX 1日1pips獲得することを目標にする人は、➕1pipsの利益確定をした後に、-100pipsの損切りをするというコツコツドカンをやってしまいます。それと比べて、FX1日100pipsを目標にする人は、➕100pipsの利益確定をした後に,-20pipsの損切りをするという損小利大のFXトレードを実現することができます。これらの二つの具体例からわかることは、FX1日獲得幅を小さくするとコツコツドカンを食らう確率が高くなり、FX1日獲得幅を大きくすると損小利大を実現できる確率が高くなります。

FX 1日1pips獲得することが正義だと思い込んでいるFXトレーダーがコツコツドカンを何度も経験をした結果、FX1日1pips獲得するスタイルをやめて、FX1日50pips獲得できる可能性が高い時だけFXトレードをするようになります。これが正しいことになるかどうかは、個々のFXトレードスキルがあるかどうかです。

FX 1日1pips獲得する。(損切りライン。)

FX1日1pips獲得することを目標にしている人がとるべきことは、損切りの決断をする可能性がある地点でのエントリーを見送り、損切り決断可能性0%の地点でのエントリーをすること。これができないという人は、FX1日1pips獲得を目標にしてスキャルピングをすることをやめて、FX1日30pips獲得を目標にしてスキャルピングをするようにするといい。

FX 1日1pips獲得するを目標にFXトレードをしている限り、損切りという決断をした時点でFXトレード収支がマイナスになります。この現実に気づくと、損切りという決断ありきでFXトレードをするのであれば、FX1日30pipsを獲得するを目標にするべきであるという結論を出します。

FX 1日1pips獲得する。(自分のメンタル管理。)

FX 1日1pips獲得することで満足してしまう人は、FXトレード中特有の全財産失うかもしれない不安から逃れたいあまり、➕1pipsで利益確定を達成して、FXトレードをやめてしまいます。コレに該当する人に必要なことは、FXトレード中に全財産を失うかもしれないという不満を持たないようにすること。

FX 1日40pips獲得することに満足する人は、fxトレード中にお金を失うことに対する恐れを一切覚えることなく、通貨ペアのポジションを握り続けている。コレに該当する人が守り続けるべきことは、損切り注文の削除をしないことや、損切り注文発動前に損切りをしないことである。

FX 1日1pips獲得する。(狭いレンジ継続限定)

5pips〜20pipsの狭いレンジが継続している時は、FX1日1pips獲得を目標にしてスキャルピングをするのは正解だが、50pips〜100pipsのある程度大きいレンジが構築された時には、FX 1日30pipsを目標にしてデイトレードするのが正解である。これらの真理を知っておくだけで、FXコツコツドカンを防止することができるし、FX損小利大のFXトレードを実現できる。

公式サイト
GEMFOREX

入金必要なし、利益全額出金可能、海外FXgemforex新規口座開設で証拠金2万円プレゼント中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする