FXにおけるレバレッジ25倍は安全なのか?危険なのか?。レバレッジ25倍取引のメリット/デメリット。

レバレッジ25倍メインでドル円1ロットで勝負だ〔資金5万円〕という人の場合、ドル円1ロットの含み損が1万円を超えても、まだ1万円の損失しかでてないからドル円1ロットのポジションをロスカットする必要はない、ドル円1ロットの含み損が3万円になるまで様子見をしようと発言した後に、ドル円1ロットの含み損が3万円まで増長してしまい、含み損3万円ドル円1ロットのポジションをロスカットし、3万円の損失が確定します。この一連のレバレッジ25倍のFX取引の結果をみるに、レバレッジ25倍にはロスカットの決断を遅らせる効果があり、レバレッジ25倍のFX取引が安全だと断言することはできません。

上記以外ノレバレッジ25倍でユーロ円1ロットで勝負だ〔資金5万円〕という人の場合、ユーロ円1ロットの含み損が5PIPS/500円でもうだめだと確信に至り、含み損5PIPS/500円のユーロ円ポジションをロスカットするを一日一回でとどめておくため、レバレッジ25倍のユーロ円取引で1万円~2万円の大損害を出すことが皆無となります。これを実践できる人にとっては、レバレッジ25倍の危険度は低く、レバレッジ25倍は安全であるという結論に至ります。今回は、FXにおけるレバレッジ25倍は安全なのか?危険なのか?。レバレッジ25倍取引のメリット/デメリット。について記事を書いていきます。

レバレッジ25倍の〔証拠金維持率〕

レバレッジ25倍の証拠金維持率は、資金力にかかわらず、500パーセント〔5円でゼロカット〕となっていますから、5円程度のドル円変動/ユーロ円変動/ポンド円変動には耐えておきたい人が、海外FX口座で、レバレッジ25倍のFX取引をしますが、証拠金維持率500パーセントじゃ心配、証拠金維持率1000%以上を望むのであれば、レバレッジ5倍~レバレッジ15倍のFX取引をします。

レバレッジ25倍の証拠金維持率安全ライン。

レバレッジ25倍の証拠金維持率の安全ラインは300パーセント~500パーセントほどで、証拠金維持率500パーセントうちはこれから証拠金維持率が何パーセントまではねあがるかなという希望的観測をもっており、証拠金維持率400パーセントのうちは、そのうち証拠金維持率650パーセントくらいになるでしょという希望的観測をもっており、証拠金維持率300パーセントのうちは、そのうち証拠金維持率が400パーセントくらいになるでしょという希望的観測を持っています。

レバレッジ25倍の証拠金維持率危険ライン。

レバレッジ25倍の証拠金維持率の危険ラインは、50パーセント~250パーセントほどで、証拠金維持率が250パーセントになると俺にもそろそろゼロカットの鉄槌が下るときが来たのかもしれない、証拠金維持率が150パーセントになると眠っている間に証拠金維持率が100パーセントになるかもしれない、証拠金維持率が100パーセントをきるとゼロカットが怖くてオチオチ眠っていられないのだけどという感想を持つ。これらの経験をすると、証拠金維持率を高めに保持するために、自分の意思でロスカットをするようになります。

レバレッジ25倍の日本のFX口座は、強制ロスカットがあるから安全ではない。

レバレッジ25倍~レバレッジ5000倍対応の海外FX口座は、強制ロスカットなしで証拠金維持率20パーセントまで、通貨ペアのポジションを持ちつづけることが可能ですから、完全に敗戦濃厚と確信できるまで通貨ペアポジションを保有したい人は、海外FX口座を使うしかない。逆に、レバレッジ25倍の日本のFX口座は、強制ロスカットありで証拠金維持率50パーセントまで、通貨ペアのポジションを保有することが可能のせいで、まだ勝ち目があるのに、証拠金の半分のお金を強制的に失うことになります。これらの二つ情報から得られることは、レバレッジ25倍の国内FX口座の強制ロスカットのせいで大損を発生させてしまった人もいるので、国内FX口座は安全だと断定できない。

レバレッジ25倍〔強制ロスカット有り〕を安全に運用するためにやっておきたいこと。

レバレッジ25倍〔強制ロスカット有り〕を安全に運用するには、ロスカットライン10PIPSを超えたら、通貨ペアのポジションを決済すること&ロスカットライン10PIPSを超えない限りは、通貨ペアのポジションを保有し続けるということだ。これをマシーンのごとく、実践することができれば、レバレッジ25倍〔強制ロスカット有り〕を安全に運用することができるが、レバレッジ25倍のFX取引時に、今回だけは大丈夫だろうとロスカットライン10PIPSをこえたのに、通貨ペアをロスカットしないチョイスをすると、近いうち50パーセント強制ロスカットが発動し、50パーセントの資金を失うことになる。

レバレッジ25倍の国内FX口座特有の強制ロスカット・追証なしゼロカットシステムなしが怖いと感じる人がとるべきことは、強制ロスカットシステムがある・追証なしゼロカットシステムなしの国内FX口座を使う選択を排除し、ゼロカットシステムがある海外FX口座を使う選択をすることである。これを実践することで、速すぎる強制ロスカットにおびえず、迫り来る追証明におびえず、損失限定できる安心感を持ち、海外FX口座でハイレバレッジの取引が行える。

公式サイト
GEMFOREX

GemForex口座の2万円口座開設ボーナスプレゼントキャンペーン開催中です。

レバレッジ25倍取引のメリット

レバレッジ25倍取引のメリットは、60秒~300秒単位でのスキャルピングで利益を出しやすい。&通貨ペアのロスカットを決断しやすい。&国内FX口座〔レバレッジ25倍〕は出金書類なしで出金完了する。&国内FX口座のプラットホームがフリーズすることはあまりない。&国内FX口座〔レバレッジ25倍〕は1000円~20000円のキャッシュバックキャンペーンを開催してくれる&国内FX口座〔レバレッジ25倍〕のスマホアプリの使いやすさが抜群。&ハイレバレッジ取引ができないこと&強制ロスカットが50パーセント~100パーセントであること。&スプレッド競争が過熱している。&取引量に応じたキャッシュバックボーナスがしょぼいこと。などがあります。

1.60秒~300秒単位でのスキャルピングで利益を出しやすい。

ドル円スプレッド0.2、ユーロ円スプレッド0.5、ポンド円スプレッド1.0と、スプレッドが狭くなっているレバレッジ25倍の日本国内FX口座でスキャルピング取引で利益を出すには、ドル円で0.3PIP以上、ユーロ円で0.6PIPS以上、ポンド円で1.1PIPS以上獲得するだけでよい。それに比べて、ドル円スプレッド2.0、ユーロ円スプレッド2.0,ポンド円スプレッド5.0の海外FX口座でスキャルピング取引で利益を出すには、ドル円2.1PIP,ユーロ円で2.1PIPSポンド円5.1PIPSも獲得する必要が出てくることから、世間一般で、海外FX口座のスキャルピング取引で利益を出す難易度はかなり高いといわれています。これら二つの事柄が得られることは、利益を容易に出せる道を選ぶならレバレッジ25倍の日本のFX口座をチョイスするべきだし、利益額をでかくする道をえらぶなら、レバレッジ1000倍のGemForexをチョイスすべき。

2.通貨ペアのロスカットを決断しやすい

レバレッジ400倍、ドル500枚、含み損20pIPS/損失470万円だと、通貨ペアをロスカットすれば470万円を失う、通貨ペアをロスカットしなければ470万円を失わないですむかもしれないという感情から、レバレッジ400倍、ドル円500枚、含み損20pIPS/損失470万円のポジションをロスカットできません。それと比較して、レバレッジ25倍、ドル円10枚、含み損20PIPS/損失20万円だと、通貨ペアをロスカットしたときに20万円ほどの損失でおさえられる、通貨ペアをロスカットすれば、20万円ほどの損失ですむという感情から、レバレッジ25倍、ドル円10枚、含み損20PIPS/損失20万円のポジションをロスカットできる。これらのことからわかることは、レバレッジ25倍だとロスカット決断がしやすく、レバレッジ400倍だとロスカット判断がしにくい。

3.国内FX口座〔レバレッジ25倍〕は出金書類なしで出金完了する。

国内FX口座〔レバレッジ25倍〕は出金書類なしで出金完了するので、出金のたびに面倒くさい思いをしたくない人は国内FX口座を使おう。また、海外FX口座〔レバレッジ400倍〕は出金書類ありで出金完了するので、出金書類の提出が平気である人は、海外FX口座を使う選択肢を持っておくとよい。

4.国内FX口座のプラットホームがフリーズすることはあまりない。

レバレッジ400倍の海外FX口座のプラットフォームがフリーズし、俺のドル円15LOTが決済でいない、今ドル円15LOT保有不可能になることがあります。これを回避するには、フリーズする回数が少ない、国内FX口座のプラットフォームでFX取引/CFD取引をするのが最適。

5.国内FX口座〔レバレッジ25倍〕は1000円~20000円のキャッシュバックキャンペーンを開催してくれる

国内FX口座〔レバレッジ25倍〕は1000円~20000円のキャッシュバックキャンペーンの概要は、累計500ロット以上の人に20000円の現金キャッシュバック、スマホアプリからFX取引をした人に1000円の現金キャッシュバックというものです。それと比べて、海外FX口座は、現金キャッシュバックはないものの、3000円~20000円円の口座開設ボーナスや100パーセント入金ボーナスというものがあります。これらのことから得られることは、1000円~20000円のキャッシュバックが魅力に移るのであれば、国内FX口座を開設、3000円以上の口座開設ボーナス/100パーセント入金ボーナスが魅力に移るのであれば、海外FX口座を使うべきだということ。

6.国内FX口座〔レバレッジ25倍〕のスマホアプリの使いやすさが抜群。

海外FX〔レバレッジ200倍~レバレッジ1000倍〕のスマホアプリはすぐにフリーズをして使いにくいぞという声があるが、国内FX口座〔レバレッジ25倍〕のスマホアプリはフリーズ回数が少なくて、使いやすいという声が多い。これら二つの経験をすると、スマホアプリは国内FX口座を使い、リアルトレードは海外FX口座を使うのが普通になります。

7.ハイレバレッジ取引ができないこと

レバレッジ25倍の国内FX口座では、ハイレバレッジ取引ができない仕組みのおかげで、国内FX口座利用者は、証拠金維持率に大きく余力を残すことができるメリットが得られています。逆に、レバレッジ400倍の海外FX口座では、ハイレバレッジ取引ができる仕組みのおかげで、海外FX口座利用者は、証拠金維持率に余力をのこせないというデメリットを抱えています。これら二つのことからわかることはハイレバレッジ取引ができないことはメリットでしかない。

8.強制ロスカットが50パーセント~100パーセントであること。

強制ロスカットが50パーセント~100パーセントの国内FX口座では、強制ロスカットがある仕組みがあることから、FXスキル0の人でも国内FX口座の資金の半分を維持することができるが、強制ロスカット20パーセントの海外FX口座では、強制ロスカットが早めに発動しないことから、FXスキル0の人が海外FX口座の資金を20パーセントまで減らしてしまう。

9.スプレッド競争が過熱している。

レバレッジ25倍の国内FX口座は、スプレッド競争が過熱しすぎて、ドル円スプレッド0.2PIPS,ユーロ円スプレッド0.5PIPS,ポンド円スプレッド1.0PIPSまできてしまいました。さらに、スプレッド競争が過熱すれば、国内FX口座で、ドル円0.1PIPS/ユーロ円0.3PIPS/ポンド円0.5PIPSのスプレッドでスキャルピング取引ができる時代が来るかもしれません。

10.取引量に応じたキャッシュバックボーナスがしょぼいこと

レバレッジ25倍の国内FX口座は、キャッシュバックボーナスがしょぼいことから、キャッシュバックボーナスを狙った無謀なFX取引をしなくなります。逆に、レバレッジ400倍のFX口座はキャッシュバックボーナスが豪華すぎることから、キャッシュバックボーナスを狙った無謀なFX取引をします。これら二つのことからわかることは、取引量に応じたキャッシュバックがしょぼいことにも良い部分はある。

レバレッジ25倍取引のデメリット。

レバレッジ25倍取引をしていると、リスクをとりすぎることができなくなり、最大レバレッジ25倍のリスクまでしか許容することができなくなります。それと比べて、レバレッジ3000倍取引をしていると、リスクをとりすぎることが当たり前となり、最大レバレッジ3000倍までのリスクを許容することができます。これらの二つのことから理解できることは、リスクをとれないという壁を打ち破るには、レバレッジ3000倍のFX取引をやってみることが大事。

公式サイト
GEMFOREX

GemForex口座の2万円口座開設ボーナスプレゼントキャンペーン開催中です。

レバレッジ情報

レバレッジ1倍で稼ぐことが可能なのか?
レバレッジ5倍は、安全なのか?、危険なのか?、その他情報。
FXレバレッジ10倍の規制はあるのか?。
レバレッジ100倍の詳細情報。
レバレッジ200倍の詳細。
レバレッジ400倍の詳細。
レバレッジ888倍のメリットとデメリットについて。
レバレッジ1000倍やってみた。
アイフォ戦士と雇用統計。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする