海外FXのハイレバレッジ計算について。

海外FXのハイレバレッジの計算をしている人は、レバレッジ25倍を利用時のゼロカットpipsの把握、レバレッジ50倍を利用時のゼロカットpipsの把握、レバレッジ100倍を利用時のゼロカット/ロスカットpipsの把握をしっかりとしているので、何も考えないでハイレバレッジ取引をしたりすることはありません。それと比べて、海外FXのハイレバレッジの計算をしている人は、レバレッジ25倍を利用時のゼロカットpips/強制ロスカットpipsの把握をしていないし、レバレッジ50倍を利用時のゼロカットpips/強制ロスカットpipsの把握をしていないし、レバレッジ100倍を利用時のゼロカットpips/強制ロスカットpipsの把握をしていないので、何も考えずに、ハイレバレッジ取引をしたりします。これらの二つ事例から得られることは、ハイレバレッジ計算をすれば、海外FXで生き残れるし、ハイレバレッジ計算をしないと、海外FXで生き残れないということ。今回は、海外FXのハイレバレッジ計算について。をテーマに記事をかいていきます。

レバレッジ25倍〔ハイレバレッジ計算〕

海外FX/資金5万円/レバレッジ25倍であれば、ドル円1Lot/ユーロ円0.9Lot/ポンド円0.8Lotを保有することが可能になります。この数字を基準にして、資金1万円/レバレッジ25倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円が何ロット保有できるのか計算するのもよいし、資金10万円/レバレッジ25倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円で何ロット保有できるのか計算するのもよし。また、レバレッジ25倍を使うと大体500PIPS~530PIPSでゼロカットされ、強制ロスカット50パーセントなら、250PIPS~260PIPSでロスカット、強制ロスカット20パーセントなら100PIPS~120PIPSでロスカット。

レバレッジ50倍〔ハイレバレッジ計算〕

海外FX/資金10万円/レバレッジ50倍であれば、ドル円4Lot/ユーロ円3.6Lot/ポンド円3.2Lotを保有可となっています。この数字を基準にして、資金1万円/レバレッジ50倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円が何lot保有できるのかを計算するのもよいし、資金5万円/レバレッジ50倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円が何lot保有できるのかを計算するのもよいです。また、レバレッジ50倍をつかうと、大体240PIPS~260PIPSでゼロカットされ、強制ロスカット50パーセントなら、120PIPS~130PIPでロスカット,強制ロスカット20パーセントなら、50PIPS~60PIPSでロスカット。

レバレッジ100倍〔ハイレバレッジ計算〕

海外FX/資金20万円/レバレッジ100倍だと、ドル円20ロット、ユーロ円19ロット、ポンド円19ロット保有できると覚えておこう。この数字を基準にして、海外FX/資金200万円/レバレッジ100倍だと、ドル円・ユーロ円・ポンド円190ロット~200ロット保有可能だし、海外FX/資金400万円/レバレッジ100倍だと、ドル円・ユーロ円・ポンド円380枚~400枚保有可能です。また、レバレッジ100倍を使うと、大体100PIPS~110PIPSでゼロカットされ、強制ロスカット50パーセントなら、50PIPS~60pIPSでロスカット、強制ロスカット20パーセントなら、20 PIPS~30PIPSでロスカット。

レバレッジ200倍〔ハイレバレッジ計算〕

海外FX/資金50万円/レバレッジ200倍だと、、ドル円/ユーロ円/ポンド円100ロットを保有可と覚えておこう。この数字を基準にして、海外FX/資金100万円/レバレッジ200倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円200ロットを保有可だし、海外FX/資金200万円/レバレッジ200倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円200ロットを400ロットを保有可です。また、レバレッジ200倍は、50PIPSでゼロカット、10PIPSで強制ロスカットされるので、レバレッジ200倍を扱うときは、損切り5PIPS~6PIPSでいくか、ゼロカット覚悟でいくかの二択が迫られる。

レバレッジ400倍〔ハイレバレッジ計算〕

レバレッジ400倍の20PIPSで20万円の利益だという部分に目が行って、レバレッジ400倍の20PIPSの含み損で20万円の損失に目が行かない人は、レバレッジ400倍のFX取引でゼロカット、強制ロスカットされがちです。これから抜け出すには、レバレッジ400倍は20PIPSの含み損で為替相場から退場してしまう可能性があるものだという認識をもてばいい。

海外FX/資金100万円/レバレッジ400倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を400枚保有可能だと覚えておこう。この数字を基準にして、海外FX/資金300万円/レバレッジ400倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を1200枚保有可能だし、海外FX/資金600万円/レバレッジ400倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を2400枚保有可能です。

レバレッジ800倍〔ハイレバレッジ計算〕

レバレッジ800倍まであげると、たった10PIPS~12PIPSでゼロカット、たった9PIPSで20パーセント強制ロスカット、たった5PIPSで50パーセント強制ロスカット。この情報をしらないで、レバレッジ800倍のFX取引をなんとなくしている人は、レバレッジ800倍のFX取引をしたせいで、ゼロカットされたぞということになります。

海外FX/資金100万円/レバレッジ800倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を800枚保有可能だと覚えておこう。この数字を基準にして、海外FX/資金300万円/レバレッジ800倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を2400枚保有可能だし、海外FX/資金600万円/レバレッジ800倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を4800枚保有可能です。

レバレッジ1000倍〔ハイレバレッジ計算〕

レバレッジ1000倍まであげると、たった7PIPS~9PIPSでゼロカット、たった1PIPS~2PIPSで20パーセント強制ロスカット、たった4PIPS~5PIPSで50パーセントゼロカット。この情報をしらない人がたどり着く結末は、レバレッジ1000倍のFX取引でゼロカット、レバレッジ1000倍のFX取引で強制ロスカット。

海外FX/資金100万円/レバレッジ1000倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を1000枚保有可能だと覚えておこう。この数字を基準にして、海外FX/資金200万円/レバレッジ1000倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を2000枚保有可能だし、海外FX/資金300万円/レバレッジ1000倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を3000枚保有可能です。

レバレッジ3000倍〔ハイレバレッジ計算〕

レバレッジ3000倍まであげると、たった3PIPS~4PIPSでゼロカット、たった0.5PIPS~1PIPSで20PIPS強制ロスカット、たった1PIPS~2PIPSで50%強制ロスカット。この情報をしると、レバレッジ3000倍のFX取引に使う資金は、5万円までにしておこうという思考になるし、資産50万円でレバレッジ3000倍でFX取引は危ないなという思考になります。

海外FX/資金100万円/レバレッジ3000倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を3000枚保有可能だと覚えておこう。この数字を基準にして、海外FX/資金200万円/レバレッジ3000倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を6000枚保有可能だし、海外FX/資金300万円/レバレッジ3000倍だと、ドル円/ユーロ円/ポンド円を9000枚保有可能です。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座の2万円口座開設ボーナスプレゼントキャンペーン開催中です。

関連記事
ハイレバレッジのメリット・デメリットとは?。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする