海外FX独自のハイレバスキャルピング手法について。

ハイレバスキャルピングをしないで、1ヶ月6万円程度の利益を稼ごうとする選択をした人の良い結末は、一度も強制ロスカット体験も、一度もゼロカット体験もすることなく、毎月6万円を安定して稼ぐことができたというものとなっていますが、ハイレバスキャルピングをしないで、1ヶ月6万円程度稼ごうとする選択をした人の最悪の結末は、含み損2000pipsのドル円ポジションが強制ロスカットされてしまったや、含み損3000pipsのユーロ円ポジションがゼロカットされてしまったなどです。これらのことを把握すると、ハイレバスキャルピングをしないから安心というのは都市伝説だということにきづきます。

ハイレバスキャルピングをして、1ヶ月30万円の利益を稼ごうとする道を選んだ人の良い結末は、ゼロカットと強制ロスカットとは無縁で、ドル円ハイレバスキャルピングで30万円の利益を出すことができたというものになっていますが、ハイレバスキャルピングをして、1ヶ月30万円の利益を稼ごうとした人の悪い結末は、ドル円ハイレバスキャルピングを実行した日に、含み損100pipsドル円10枚ポジションがゼロカットされ、10万円の損失をだすことに。これらのことを把握すると、ハイレバスキャルピングのよしあしは、自分のメンタル状態とその日の運で決まるということが理解できます。

海外FX独自のハイレバスキャルピング手法について。

最大レバレッジ25倍縛りがある国内FX口座では、ハイレバ癖があるFXトレーダーでもレバレッジ25倍でのスキャルピングを余儀なくされますし、低レバ癖があるFXトレーダーでもレバレッジ10倍程度でスキャルピングをします。これに関していえることは、レバレッジ25倍固定のスキャルピングで一撃退場ということはないし、レバレッジ10倍のスキャルピングでも一撃退場ということはないので、FXで退場確率を下げたい人が国内FX口座で低レバスキャルピングをしています。

最大レバレッジ25倍制限が撤廃され、最大レバレッジ1000倍が使える海外FX口座では、ハイレバ癖があるFXトレーダーがレバレッジ1000倍でのスキャルピング〔ハイレバスキャルピング〕実行し、低レバ癖があるFXトレーダーでもレバレッジ100倍でスキャルピングを実行します。これに関していえることは、海外FX口座は、ハイレバスキャルピング用途で使うものであること。今回は、海外FX独自のハイレバスキャルピング手法について。触れていきます。

海外FX独自のハイレバスキャルピング手法には、勢いよく動く可能性があるトレンドを探すこと。&トレンドの勢いが収まったところで、逆張りトレードをすること。&ドル円の天井付近で、ナンピンをすること。&為替相場の7割はレンジ相場である基本に従い、逆張りトレードをすること。&天井ロングでも30pips取りに行く。&大底ショートで50pips取りにいくこと。&FX初心者のトレード行動と逆で攻めること。&世間の一般常識が通用しないと思うこと。&ハイレバ利用時でも経済指標スキャルピングをすること。&FX初心者にとっての最悪の事態を想定しておくこと。などがあります。

1.勢いよく動く可能性があるトレンドを探すこと。

全く動く可能性がない相場には参加しないことと、小さすぎるトレンドには参加しないことと、勢いよく動く可能性があるトレンドにのみ参加することを守り、ハイレバスキャルピングをする。これを最後まで実行し続けられれば、ハイレバスキャルピングでそれ相応の財を築くことができるが、最後まで実行できないと、ハイレバスキャルピングで金を減らすスパイラルに突入する。

2.トレンドの勢いが収まったところで、逆張りトレードをすること。

トレンドの勢いが収まらないだろうなと感じるところで逆張りハイレバスキャルピングをすると、案の定含み損100pipsを抱えてしまったということになりますし、トレンドの勢いが収まっただろうなと感じるところで逆張りハイレバスキャルピングすると、案の定含み益100pipsをこえてしまったということになります。

3.ドル円の天井付近で、ナンピンをすること。

ドル円における天井には全然とどかないところで、ナンピンを連発すると、自分の許容量を超えるロット数のドル円ポジションを保有することになるし、自分の許容量を超える含み損額で苦しむことに。逆に、ドル円における天井付近で、ナンピンを連発すると、自分の許容内のロット数のドル円ポジションを保有することになりますし、自分の許容量を超える含み損を抱えることはない。これらの二つの体験をすると、ハイレバスキャルピング時にはは、ドル円の天井付近でナンピンをするに限るという結論がでます。

ドル円の天井付近でナンピンをしているときに、見事ドル円の天井がくると、ナンピンで増やした累計50ロット分のドル円ポジションに50pipsの利益が乗り、ドル円でナンピントレードしてよかったということになります。このナンピン独自の利益確定の体験をすると、ナンピンは悪というのは間違っているんだなという考えを持ちます。

4.為替相場の7割はレンジ相場である基本に従い、逆張りトレードをすること。

規格外のトレンド相場のハイレバスキャルピングで損失を出していると、この世にはレンジ相場なんてものは存在せず、この世には規格外のトレンド相場しか存在していないのか?という思い込みをもちます。この感覚をもったまま、レンジ相場で、ハイレバスキャルピングをすると、大きな損失を出すので要注意です。

規格外のトレンド相場が1割、中規模のトレンド相場が2割、残りはレンジ相場が7割となっている現実がありますから、7割のレンジ相場でのみ、逆張りで、ハイレバスキャルピングをすることを何度も繰り返すと、大金を稼ぐことができます。

5.天井ロングでも30pips取りに行く。

レンジ相場ではない、規格外のトレンド相場時であれば、天井ロングでも+30pipsを取ることができますし、レンジ相場ではない中規模のトレンド相場であれば、天井ロングでも+20pipsを取ることができます。この事実からわかることは、規格外のトレンド相場での、天井ロング戦略を使ったハイレバスキャルピングで30pipsを取りに行くのは正義ですし、中規模のトレンド相場での、天井ロング戦略を使ったハイレバスキャルピングで20pipsを取りに行くのは正義。

6.大底ショートで50pips取りにいくこと。

凄まじいユーロ円下げトレンドができているのであれば、普段の逆張りユーロ円ロングポイントで、ユーロ円10枚ロングのポジションをもたずに、
普段の逆張りユーロ円ロングポイントで、ユーロ円10枚ショートのポジションをもとう。さすれば、ユーロ円10枚ショートのポジションに、含み益50pipsが乗るだろう。

7.FX初心者のトレード行動と逆で攻めること。

FX初心者のトレード行動と同じで攻める=FX初心者の損失パターンを真似ることになるという前提がありますから、FX初心者のトレード行動と同じ戦略でハイレバスキャルピングをすると高確率で損失を出します。

また、FX初心者のトレード行動と逆で攻める=FX初心者が損失を出すときに、自分は利益を出すことができるという前提がありますから、FX初心者のトレード行動と真逆戦略でハイレバスキャルピングをすると高確率で利益がだせます。

8.世間の一般常識が通用しないと思うこと。

為替相場で世間一般の常識が通用していると思うと、常識内の為替相場のハイレバスキャルピングでは利益を出すことができますが、常識外の為替相場のハイレバスキャルピングで利益を出すことができません。

為替相場で世間一般の常識が通用していないと思うと、常識内の為替相場のハイレバスキャルピングでも利益を生み出せますし、常識外の為替相場のハイレバスキャルピングでも利益を生み出せます。

公式サイト
GEMFOREX

入金必要なし、利益全額出金可能、gemforex新規口座開設で証拠金2万円プレゼント中です。

9.ハイレバ利用時でも経済指標スキャルピングをすること。

経済指標スキャルピングを低レバレッジ限定だと思い込んでしまうと、経済指標発表前後に、ハイレバスキャルピングをしなくなってしまいます。この状態を覆すには、経済指標スキャルピングはハイレバレッジ限定のものであると思い込むようにして、経済指標発表前後にハイレバスキャルピングをしよう。

10. FX初心者にとっての最悪の事態を想定しておくこと。

FX初心者にとっての都合のいい事態を想定して、ハイレバスキャルピングをすると、狭いレンジ相場では連戦連勝の波にのれますが、200pips程度のレンジ相場では連戦連敗となってしまいます。

FX初心者にとっての都合の悪い自体を想定して、ハイレバスキャルピングをすると、狭いレンジでの勝利数は減ってしまいますが、200pips~500pipsのレンジ相場での勝利数を大幅に増やすことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする