FXは心理戦だった。

fxを心理的な面を重視してやった結果、FXトレードで30PIPSの損失を出してしまったということもありますし、fxをなんとなくの感覚でやった結果,FXトレードで30PIPSの利益を出してしまったということもありますから、FXで心理的な要素を重視しないといけないと思い込む必要は無い。これに関して言えることは、FXは心理的要素も大事ですが、頭をからっぽにして思い切りの良いトレードをすることが重要です。

FXなんとなくの感覚を重視した結果、FXトレードで50PIPSの損失を出してしまったということもありますし、FXで心理的な面を重視してやった結果、FXトレードで50PIPSの利益を出してしまったということもありますから、FX取引で自分以外のFXトレーダーの心理を重視することも大事です。これに関して言えることは、なんとなくFXトレードで損失をだすことを完全回避したいのであれば、FXトレーダーの心理を重要視して、FXトレードをするべきである。今回は,FXは心理戦だった。についてかいていきます。

FXは心理戦だった。

FXは心理戦だったの中身は、経済指標が発表される前にドル円買い1000枚のポジションを仕込んでいる賢いFXトレーダーと、経済指標が発表された後にドル円買い100枚のポジションを仕込んでいる後だしFXトレーダーの資金の奪い合いとなっている。この事実に気づかないで、米国経済指標発表後に後だしトレードばかりしていると、常に強者に自己資金を奪われる側になってしまう。だったらどうすればいいのか?については、自分が相場が動く前に高ロットのドル円ポジションを仕込み、他者の自己資金を奪う側に回ればいいだけのことである。

FXは心理戦だった。〔資金力〕

短期トレードは、FXトレーダー同士の心理戦に打ち勝ち、たった1日で自己資金を2倍、3倍にすることを目指すものであるが、長期トレーダーは、資金力がないトレードとの心理戦に打ち勝ち、2ヶ月~3ヶ月で自己資金を1.3倍、1.4倍にすることを目指すものである。これらから得られることは、明らかに優秀なトレーダーと心理戦勝負に勝つよりも、資金力が無いFXトレーダーとの心理戦に勝つほうが簡単であること。

資金力が1万円しかないのであれば、無理に優秀なFXトレーダーと心理戦勝負する選択肢を排除して、自己資金100万円になるまでFXトレードをやらないと貫くべきだ。これに関しては、資金1万円~資金10万円のFXトレーダー、資金10万円~資金50万円のFXトレーダー、資金50万円~資金80万円のトレーダー全員に当てはまることである。

FXは心理戦だった。〔FXトレーダーの精神状態。〕

精神状態が悪化して、5PIPSの損切りを繰り返すFXトレーダーの資金は、下手な損切りを一切しないで30PIPSの利益確定を繰り返すFXトレーダーのものとなってしまいます。これに関して言えることは、FX心理戦だったという事実をすぐに受け入れ、無意味な5PIPSの損切り回数をへらしていくことこそが、勝ち組トレーダーへの一歩である。

精神状態が悪化して、150PIPSの損切りを5回以上繰り返すFXトレーダーの資金は、300PIPS以上の利益確定を成功させているFXトレーダーのものとなっています。これに関して言えることは、FX心理戦だったという事実をすぐにうけいれ、150PIPSの損切り回数0回にしたり、20PIPSの損切り回数1回にすることこそが、勝ち組トレーダーへの一歩である。

FXは心理戦だった。〔通貨ペアの具体例〕

ドル円レートが50PIPS上昇した時点で、ドル円の売り注文を入れるユーザーもいれば、ドル円の買い注文を入れるユーザーもいる。このときに、ドル円売り注文を入れるユーザーが少なく、ドル円買い注文を入れるユーザーが多ければ、ドル円は円安方向に上昇していくし、ドル円円売り注文を入れるユーザーが多く、ドル円買い注文をいれるユーザーが少なければ、ドル円は円高方向に下落していく。これこそが、ドル円スキャル・デイトレード時に起こりうるFX心理戦の具体例である。

ユーロ円レートが100PIPS円安方向に動いたところで、ユーロ円で100ロットの売り注文を入れるユーザーもいれば、ユーロ円で100ロットの買い注文を入れるユーザーもいる。このときに、ユーロ円で売り注文入れるユーザーが少なく、ユーロ円買い注文を入れるユーザーが多ければ、ユーロ円はさらに円安方向に進んでいくし、ユーロ円売り注文を入れるユーザーが多く、ユーロ円買い注文をいれるユーザーがすくなければ、ユーロ円は円高方向に下落していく。これこそがユーロ円スキャル・デイトレード時に起こりうる心理戦の具体例である。

ポンド円レートが200PIPS円高に動いたところで、ポンド円100ロット買い注文をいれるユーザーもいれば、ポンド円で100ロット売り注文をいれるユーザーもいる。このときに、ポンド円で買い注文を入れるユーザーが少なく、ポンド円で売り注文を入れるユーザーが多ければ、ポンド円はさらに円高に進んでいくし、ポンド円で買い注文を入れるユーザーが多く、ポンド円で売り注文をいれるユーザーが少なければ、ポンド円は200PIPSの円高で底打ちをして、ポンド円は円安方向に進んでいく。これこそ、ポンド円スキャル・デイトレード時に起こりうる心理戦の具体例である。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする