スキャルピングpipsについて。

pipsを意識しすぎてスキャルピングをすると、少ないpipsで利益確定する回数が多くなり、大きいpipsで利益確定する回数が極端にすくなくなります。逆に、スキャルピングpipsを意識しなければ、pips数が少ない通貨ペアポジションを放置しておこうとい決断ができ、pips数が増えた通貨ペアポジションを決済できます。これらのうち前者に当てはまる人は、コツコツドカンを繰り返し、FX資金をすり減らすことになりますが、後者に当てはまる人は、50pips獲得回数4回、10pips損切り2回となり、FX資産を増やせます。今回は、スキャルピングpipsについて触れていきます。

スキャルピングpipsについて。

スキャルピング1pips~2pipsをgetする目標を定めている人は、20pipsのレンジ相場でひたすら順張りをするか、25pipsのレンジ相場で逆張りトレードを繰り返すか、30pipsのレンジ相場で順張りトレードと逆張りトレードを繰り返すかの3つを実行するといい。ここで唯一気をつけることは、変動性の低スプレッド海外FX口座を選択して、スプアレッド広い、固定スプレッドの海外FX口座を選択しないこと。

スキャルピング3pips~5pipsをgetする目標を定めている人は、10pips級のドル円トレンドが出る前に、ドル円トレンド方向にドル円ポジションを保有しておくか、少しの含み損を気にすることをやめて大きなトレンドに乗ることだけ意識してスキャルピングをするかの二つの選択をするといい。ここで唯一気をつけることは、無駄な損切りを減らして、3pips~5pipsの利益確定回数を増やせるかどうかである。

スキャルピング10pipsをgetすることを最終目標とする人は、8時間チャートでのドル円の天井・大底を取りにいくスキャルピングをするか、8時間チャートでのポンド円の天井・大底をとりに行くスキャルピングをするか、8時間チャートでのユーロ円の天井・大底を取りに行くスキャルピングをするかなどの選択肢をとっています。ここで気をつけることは、通貨ペアの天井と大底を取れなかった事態も想定しておき、スプレッドを低めにすることである。

1.スキャルピングpips数〔レンジ相場〕

レンジ相場でスキャルピングをすれば、通貨ペアの含み損もいつかは含み益になるという安心感を持てるし、いつか天井がくることで通貨ペアの含み損が増えていく流れが止まるという安心感を持てる。こういう安心感を持ちたい人は、大きなトレンド相場ではなく、小規模レンジ相場・中規模レンジ相場でスキャルピングをしよう。

人間は、レンジ相場でだけスキャルピングをするというルールの下でスキャルピングを行い、利益をだしつづけていいても、トレンド相場でのスキャルピングで利益を出したいという欲求をもってしまう。ここでいうトレンド相場に参加したい欲求を抑えられるかどうかが、今後FXで生き残れるかどうかの分岐点となってくるだろう。

2.スキャルピングpips数〔トレンド相場〕

トレンド相場でスキャルピングをしている人は、ドル円トレンド方向にドル円レートが動いていくという現実のおかげで、ドル円1lotポジションの含み益が10pipsになるまでアホールドできる。これに該当する戦略を取れているうちは、スキャルピングpips数をどんどん積み上げていくことができる。

人間はどれだけトレンド相場でのスキャルピングで利益を積み上げても、レンジ相場での逆張りトレードでも利益を出したいなという感情をもってしまう。ここでいう、レンジ相場での逆張りトレードで利益を出すことを我慢できるかどうかが、スキャルピングのトレード収支をプラスに持っていけるかどうかの分岐点となってくる。

3.スキャルピングpips数〔順張りと逆張り〕

FXドル円順張りスキャルピングで20pips取れた後に、FXドル円逆張りスキャルピングで20pips取れたりすると、FXスキャルピング時に、順張りと逆張りを交互に繰り返すと、普段の2倍の利益が取れるんだなあという認識をもちます。これに該当する人がやりがちなミスは、順張りのスキャルピングで20pips取った後に、逆張りスキャルピングで100pips級の損切りをすることや、逆張りスキャルピングで40pips取った後に、順張りスキャルピングで60pipsの損切りをすることである。

FXユーロ円順張りスキャルピングで30pipsの利益をgetしたところで、今日のスキャルピングは終了とすれば、自分の手元に30pips分の利益をのこせますし、FXユーロ円逆張りスキャルピングで50pipsの利益をgetしたところで、今日ノスキャルピングを終了とすれば自分の手元に50pips分の利益を残せます。これを常に意識できるかどうかがFXスキャルピングで生き残れるかの分岐点となる。

公式サイト
入金必要なし、利益全額出金可能、海外FXgemforex新規口座開設で証拠金2万円プレゼント中です。

スキャルピングpips数(利益確定)

スキャルピングにおける利益確定プラスpips数にこだわる人ほど、凄まじい損失が出るポイントでスキャルピングをする回数が増えてしまいますし、スキャルピングにおける利益が出るポイントでスキャルピングをする回数が減ってしまいますし、スキャルピングにおける利益確定プラスpips数に拘らなくなる人ほど、凄まじい損失が出るポイントで何もしなくなりますし、凄まじい利益が出るポイントでのみスキャルピングをするようになります。これらのことを認識したFXトレーダーは、全てのスキャルピング利益確定pips目標を持たない状態でFXスキャルピングをするようになります。以下の狭いレンジ相場で逆張りするトレーダーがFXトレード収支をプラスにするためにやらないといけないことと、大きなトレンドに乗ることに特化したFXトレーダーの状態をキープするために必要なことにも目を通していただきたいです。

大きなトレンドに乗ることを意識しないで、ひたすら小さいレンジでの逆張りスキャルピング成功でプラス20pipsの利益確定を繰り返す人ほど、プラス20pips利益確定回数三回、マイナス100pipsゼロカット回数十回という最悪な結果を招きます。これに該当するFXトレーダーがFXトレード収支をプラスにするためにやらなければいけないことは、大きなトレンドに乗ることこそ正義だと思い込むこと、値頃感で逆張りをしてはいけないと思い込むことと、大きなトレンド発生パターンを把握しておくことと、FX弱者の損失パターンを理解しておくことと、FX強者の利益確定パターンを把握しておくことと、スキャルピングで利益を出すことに対するこだわりを捨てることと、FXスキャルピング自体に大きな期待を持たないようにすることと、焦ったら負けだという価値観をもっておくことなどがあります。それと、スキャルピングする回数ゼロでいいと思える人だけが為替相場で生き残っていることと、スキャルピングする回数百回以上にしないといけないと思っている人だけが為替相場でお金を失い続けていることの二つは全人類が認識するべきことである。

大きなトレンドに乗ることを意識して、小さいレンジでのスキャルピングを全くしない人ほど、プラス100pips以上の利益確定回数十回以上、マイナス20pipsの損切り回数二回という最高な結果を招きます。これに該当するFXトレーダーの状態をキープするために必要なことは、あの時スキャルピングしていればOO円儲かったのにという思いを持たないようにすることと、あの時FXデイトレードをしていれば今頃億万長者になれていたのにという気持ちを持たないようにすることと、あの時FXスイングトレードをしていれば規格外の金持ちに慣れていたのにという気持ちを持たないようにすることと、自分の思い通りにならないのがFXという感覚を持つことと、FXスキャルピング成功者になれないのが普通だという認識を持つことと、自分の為替相場が読めないという感覚を大事にすることと、自分の為替相場の値動きを読み切ったという感覚を軽視することなどがあります。それと、大きなトレンドに乗り続けるのが正義と思える人だけがFXスキャルピング成功者になっていることと、大きなトレンドを全て無視する人だけがFXスキャルピング敗者になっていることの二つは、全FXトレーダーが認識するべきことである。

スキャルピングpips数(損失確定)

損失を確定することに拘らずに、損失が出ない前提でスキャルピングを実行する人ほど、最大20万円の損失が確定しているポイントでのスキャルピング回数が増えてしまいますし、最大200万円の利益確定が運命づけられているポイントでのスキャルピング回数が減っていますし、損失を確定することにこだわりがあり、損失が出る前提でスキャルピングを実行する人ほど、最大40万円の利益確定しているポイントでのみスキャルピングをしていますし、最大40万円の損失確定しているポイントをスルーしています。これらのことを完全認識したFX戦士は、損失確定の未来のパターンをいくつか想定した状態でFXスキャルピングをするようになります。以下のFX順張りスキャルピングができる人でい続けるために必要なことと、目先の利益を意識して逆張りスキャルピングをする人でい続けるために必要なことの二つにも目を通していただきたいです。

目先の利益を意識しないで、大きな流れに乗ることを重要視して、FX順張りスキャルピングに望む人ほど、大きな流れに乗れないとわかった時点で損失確定をしているし、大きな流れに乗れたとわかった時は握力を発揮している。これに該当するFXトレーダーでい続けるために必要なことは、握力こそ正義だという価値観を持っていくことと、自分の間違いをすぐに認められるようにすることと、自分にとって都合がいいことが起きると思わないようにすることと、大きな流れに乗ることが正解と思うことと、目先のFX損失に囚われないようにすることと、FX簡単なんだという認識を持たないようにすることなどがあります。それと、目先の利益を優先する人は一生FXトレード収支マイナスであることと、目先の利益を優先することを辞めた人は、FXトレード収支プラスであることは、全人類が知るべきことである。

目先の利益を意識して、逆張りのスキャルピングにこだわる人ほど、1度たりとも大きな流れ方向にエントリーすることができないし、何度も逆張りスキャルピング失敗によりマイナス20pipsの損失を出している。これに該当するFXトレーダーが負けの連鎖から抜け出すために必要なことは、逆張りトレードを絶対にしないという鋼の意志を持つようにすることと、早く利益を出したいという気持ちを捨てるようにすることと、どんな相場でも生き残れるFXトレードルールを構築することと、ロット数を下げるを当たり前とすることと、損切りをするを当たり前にすることと、なんとかなる精神を全て捨てることと、他人のFXトレード手法こそ正義だという考えを捨てることと、FXスキャルピング必勝法がないことを認識することとなっています。それと、値頃感での逆張りスキャルピングをする人は、FX自己資金全て失う結末が待っていることと、FX素人が退場した場面で逆張りスキャルピングをする人は、FX自己資金と同額の利益を生み出せる結末が待っていることの二つは、全人類が知るべきことである。

スキャルピングpips数(強欲、無欲)

FX利益額を増やすことこそ正義だという価値観の下、スキャルピングを繰り返す人ほど、FXでマイナス1000万円の損失を出す末路を迎えしていますし、どうしたらスキャルピングで勝てるのか?という悩みを抱えていますし、FX利益額を増やさないでいい無欲の価値観の下、スキャルピングを繰り返す人ほど、FXでプラス2000万円の利益を出したという最高の結末を迎えています。これらのことを完全把握したFXトレーダーは、自己資金を守る名目を重要視した状態で、損失が大きくならないことが運命づけられているポイントでのみ、スキャル・スキャルピングをしています。以下の内なる強欲さに支配された人が損失の連鎖から抜け出すためにやらなければいけないことと、内なる謙虚さを持っているFX戦士の状態をキープするために必要なことにも目を通していただきたいです。

内なる強欲さに支配されて、利益プラス50万円が出る前提でスキャルピングを実行する人ほど、なぜか最大損失マイナス100万円を生み出す運命が確定しているポイントでのみスキャルピングをしていますし、なぜか最大利益プラス100万円が生み出せるポイントをスルーします。これに該当するFX戦士が損失の連鎖から抜け出すためにやらなければいけないことは、お金のためにFXスキャルピングをやっている自分を否定することと、結果度外視でFXスキャルピングをすることと、まあFXスキャルピングしなくてもいいかと思いを持つことと、強欲さがある時はFX口座残高を0円にすることと、無欲さがキープできている時はFX口座残高を100万円にすることと、FXスキャルピング損失マイナス100万円の未来を想像するようにすることと、FXスキャルピングなら安全という思い込みを捨てるようにすることと、FXスキャルピングのプロになったという慢心を捨てることと、いつかFXスキャルピングで利益が出るという思いを完全放棄することなどがあります。それと、強欲さがある人はいつかスキャルピング失敗によりあり金全部を失う末路を辿ることと、強欲さがない人はFXスキャルピングで大損しない最高の未来が待っていることの二つは全人類が知るべきことである。

うちなる謙虚さを持ったことにより、利益が出る期待を全て捨て去った前提でスキャルピングを実行できる人ほど、自己資金10万円失う確率ゼロ%が保証されているポイントでのみスキャルピングをしていますし、100%の確率で自己資金10万円を失うことが確定しているポイントで様子見をします。これに該当するFX戦士の状態をキープするために必要なことは、FXは努力でなんとかならないと認識することと、自分よりも賢いFXトレーダーが何人も存在するという現実に向き合うことと、FX必勝パターンなんてものは存在しないと理解することと、今FXスキャルピング10連続成功なんてできないと認識することと、FXトレードへの執着を持たないようにすることなどがあります。それと、謙虚さを忘れて利益を追い求める人はFX負けまくることと、謙虚さを持ちFX利益を追い求めない人はFX勝ちまくることは全人類が認識するべきことである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする