FX含み損は耐える、損切り決断は何pips?。

FXの含み損に耐えること日々を送ることがしんどいなら、FXトレードをやめたほうがいいという決断を下したほうがいいに決まってる。こういう悩みから完全開放されたいのであれば、海外FXトレード時にも、損切りラインで損切りをするべきだし、国内FXトレード時にも、損切りラインで損切りラインをするべき。以下の、レバレッジ25倍の国内FX口座で損切り決断を後回しにするとどうなるか?と、レバレッジ400倍の海外FX口座で損切り決断を後回しにするとどうなるか?についても、目を通していただきたいです。

レバレッジ25倍の国内FX口座で損切り決断を後回しにした結果、含み損800pipsのユーロ円売りポジションをどう処理するか悩むこと。この悩みを完全解決するには、含み損をいくら抱えても強制ロスカットされなければいいやという考えを持つか、次のFXトレードから損切りLINEで損切りをするようにすればいいやという考えを持つようにするの二つの選択肢がある。

レバレッジ400倍の海外FX口座で損切りの決断はまだ早いでしょという決断した結果、含み損300pipsのポンド円買いのポジションがゼロカットされてしまった。この悩みを完全に解決するには、ゼロカットの結末が訪れることを予期して、海外FX口座に5万円ほど入れるようにしておくか、ポンド円ゼロカットを体験する前に損切りラインで損切りをするかの二つの選択肢がある。今回は、FX含み損は耐える、損切り決断は何pips?。をテーマにして記事を書いていきます。

FX含み損について。

🌟FX含み損とは、今通貨ペアのポジションを決済したら、どれだけのお金を失うのかという数値である。

🌟FX含み益とは、今通貨ペアのポジションを決済したら、どれだけのお金を得られるのかという数値である。

誰もが含み損がある通貨ペアのポジションを決済したら、OO円のお金を失うことになるという現実を受け入れたくなくて損切りができないし、誰もが含み益がある通貨ペアのポジションを決済したら、OO円以上のお金を得られないのか?という思いから利益確定ができない。

利益確定の決断をする、含み確定の決断をする。

含み益を抱えた通貨ペアのポジションを放置した場合、含み益が0pipsになってしまうか、含み益額が倍になるかの二つのルートがあります。それと、含み益が0pipsになってしまう未来を回避するには、含み益➕20pipsの通貨ペアポジションを決済する行動を起こせばいいし、含み益額が倍になるルートを歩むには、含み益➕20pipsの通貨ペアポジションを決済する行動を起こせばいい。

含み損を抱えた通貨ペアのポジションを放置した場合した場合、含み損が300pipsを超えてしまうか、含み損が0pipsになるという二つのルートがあります。それと、含み損が300pipsになる未来を回避するには、含み損➖25pipsの通貨ペアポジションを決済する行動を起こせばいいし、含み損が0pipsになるルートを歩むには、含み損➖25pipsの通貨ペアポジションを決済する行動を起こせばいい。

損切りができないから、含み損地獄で苦しむことに。

FX損切りができると、損失を食らう事実が確定するが、損失がこれ以上にないくらい拡大する未来を完全に回避することができるというメリットを享受できる。このメリットを絶対に享受したいと感じるのであれば、損切注文を入れる習慣を身につけたり、裁量FXトレード時に損切する決断ができるようになったりすればいいい。

上記のことがわかっているというのに、損失を出したくないし、今日は絶対FXトレードで勝たないといけないと思ってしまうと、通貨ペアのポジションを損切りするというアクションが起こせなくなってしまいます。

FX損切りができないと、損失を食らう事実を後回しにすることができるが、金輪際FXトレードなんてやらないと決意するほどの損失を出す未来を体験するというデメリットを享受することになる。このデメリットから逃れたいと感じるのであれば、損切りできた自分は決断力がある素晴らしい人間であると自画自賛したり、損切り注文を入れた自分はFXトレードに適性がある人間だと自画自賛したりするといいでしょう。

上記のことがわかっているのに、損切りしないでFXトレードで利益を出す方法を模索するようになる理由は、人生でたった1回でもFXトレードで損失を出してたまるかという気持ちを持っているから。

大きなトレンドがストップしてくれることはない。

大きなトレンドがストップしてくれて、含み損が01pipsになるというラッキーはなく、大きなトレンドがストップしてくれず、含み損が200pipsまで拡大するという地獄は何度も起こる。このことを意識しておくと、含み損額を拡大させないために必要な行為である損切りを実行することができる。以下の含み損を抱えたポンド円ポジションを損切りしたほうがいい理由と、含み損を抱えたポンド円ポジションを損切りしないとどうなるか?にも目を通していただきたいです。

大きなポンド円上昇トレンドが発生したら、ポンド円はとんでもない円安水準になるし、大きなポンド円下落トレンドが発生したら、ポンド円はとんでもない円高水準になる。これが現実で起こる以上は、含み損が0pipsになるだろうという期待を捨てて、含み損15pipsの内に損切りをするという決断をした方がいい。

上記のことがわかっていても、今日中に資金200万円を達成したいという自分の都合を為替相場に持ち込んでしまい、含み損20pipsのポンド円10枚ポジシションの損切り決断ができなかったりします。

FX含み損とトレードルール。

🌟利益確定ラインで利益確定をする。

利益確定ラインで、通貨ペアのポジションを決済するというFXトレードルールを守るだけで、30pipsの利益が出せたはずの勝ちfxトレードが、損失20pipを出すことになる負けトレードになるという悲劇を防止することができます。このことを知っておくだけで、利益確定ラインで通貨ペアのポジションを決済するを実行できるFXトレーダーになれます。

🌟損切りラインで損切りをする。

損失確定ラインで、通貨ペアのポジションを決済するというFXトレードルールを守るだけで、今日の FXトレード損失をたった10pipsに抑えることができたります。このことを知らないでいるFXトレーダーは、損切りの決断を常に後回しにしたことにより、今日のFXトレードの損失が200pipsを大きく超えてしまったという地獄を味わっています。

🌟ロット数を減らす。

ロット数は最大5ロットまでというFXトレードルールを守るだけで、自分が許容できる損失しか出さないで済むと今保有しているドル円20枚売りのポジションを握り続けられるの二つのメリットを享受することができる。このことを知らないFXトレーダーは、100ロットでドル円トレードをしたり、200ロットでユーロ円トレードをしたり、300ロットでポンド円トレードをしたりする行動に出ます。

🌟トレードをやらない選択をする。

自分にとって優位性がないと感じる時にはFXをやらないというトレードルールを守るだけで、FX含み損200pipsを抱えて苦しいという体験をしなくても済みます。このことを一切知らないFXトレーダーは、たった1万円の利益を追い求めてしまい、自分にとって優位性皆無のところでFXトレードをします。

FX含み損とレバレッジ。

含み損を抱えたドル円10枚売りポジションをいますぐ損切りする決断が下せるのであれば、ある程度高いレバレッジを扱っても良いですが、含み損を抱えたドル円10枚買いポジションを今すぐ損切りする決断が下せないのであれば、それなりに低いレバレッジを扱うといいです。これらのことにプラスアルファーして、高いレバレッジを扱えば扱うほど、ゼロカットされる確率が高まるし、低レバレッジを扱えば扱うほど、最後はFXトレードで利益が出せる確率が高まるということを知っておくといいです。

上記の情報を仕入れていたとしても、高いレバレッジトレードで人生を変えたい気持ちが強すぎると、低レバレッジトレードをし続けるという選択ができず、高いレバレッジトレードで大きな損失を出してしまいます。

FX含み損と損切り貧乏。

絶対に助かる含み損30pipsを抱えたドル円10枚売りのポジションを損切りしない決断をできかどうかと、絶対に助かることがない含み損30pipを抱えたドル円10枚売りのポジションを損切りできる決断をできるかどうかの二つを実現できるものだけがFXで損小利大トレードを実現することができます。このことを知っておくと、無駄な損切りを減らすことができ、FXトレードで多大なストレスを抱えることがなくなります。

絶対に助かる含み損30pipsを抱えたドル円10枚売りのポジションを損切りする、絶対に助からない含み損30pipsのドル円10枚のポジションは損切りしないなんてことを実現してしまうと、損大利小のトレードを実現することになります。このことを知っておくと、助からないと思った時に損切りする習慣を身につけることができ、FXトレードで大損する回数を減らすことができます。

FX含み損と、損切り決断は何pipsにするべきか?。

損切りをしないで、超低レバレッジのスイングトレード戦略をとっているのであれば、含み損を抱えた通貨ペアのポジションの損切り決断pips数を決める必要はありませんが、損切りをする予定で、レバレッジ25倍以上のスキャルピング戦略をとっているのであれば、含み損を抱えた通貨ペアの通貨ペアポジションの損切り決断pips数を決める必要があります。結局、何がいいたいのか?というと、ゼロカット確率0%と断言できる低レバレッジ利用時には損切り決断をしなくてもOK,ゼロカット確率がそれなりにある高いレバレッジ利用時には損切り決断をしなければいけない。

🌟退場するかもしれないと感じたら、損切りしておこう。

ドル円相場が自分の思い通りに動かず、ドル円10枚ロングのポジションがゼロカットされるかもしれない予感がしたらドル円10枚ロングのポジションを損切りしよう。この損切り決断ルールを無視した直後に、ドル円レートが100pips超の円高になり、ドル円10枚ロングのポジションが100pipsゼロカットされる。

🌟損切りすることになるだろう未来が訪れる可能性があるところではノーポジが正解。

30pips級の損切りをすることになるだろう未来が訪れる可能性があるところでノーポジをチョイスすることは、為替相場で生き残る上で一番重要なことである。この一番重要なことを忘れ、適当なFXトレードをした結果、30pips級の損切りをすることになったFXトレーダーは、日本に数えきれない数いる。

🌟損切り決断は、10pipsが正解。

含み損50pips抱える未来が確定していると確信したら、10pipsで損切りをするのが正解だが、含み損30pipsを抱える以上の不幸が降りかからないと確信したら、一切損切りをしないという決断をするのが正解。これらのことを意識しないで損切りを繰り返すと、海外fx口座残高が大きく減るだけの日々過ごすことになる。

🌟損切り決断は20pipsが正解。

含み損20pipsになったら、FXトレードでの完全敗北を認めることができる人であれば、一回のデイトレードの損切り決断ラインは20pipsにするのが正解。これに関して言えることは、自分が敗北を認められる含み損pips数を損切りラインにすると、FXトレード時に大きな後悔の念を懐かないで済む。

🌟ゼロカットシステムがある海外FX口座であれば、損切りする必要なし。

ゼロカットシステムがある海外FX口座の最大損失額は、海外FX口座残高となっています。ということは、海外FX口座残高2万円状態にしておけば、海外FXの最大損失を2万円に抑えることができるし、海外FX口座残高を10万円にしておけば、海外FXの最大損失を10万円に抑えられる。

公式サイト
GEMFOREX

入金必要なし、利益全額出金可能、海外FXgemforex新規口座開設で証拠金2万円プレゼント中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする