XMの追証と強制ロスカットと証拠金維持率について。

追証の回避の優先したいなとか、強制ロスカットが早すぎるのはいやだなとか、証拠金維持率を高めにしておきたい人にぴったりな海外FX口座がおすすめです。それと、追証の回避できれば、再びFX取引をがんばろうと思えることや、強制ロスカットを回避できれば、トレード資金が増えることや、証拠金維持率を高くしておけば、大相場でも生存できることの利点があります。今回は、XMの追証と強制ロスカットと証拠金維持率について。をテーマにして記事を書いていきます。

XMの追証。

日本発祥のFX口座は、追証システムあり、ゼロカットなしですので、追証金を支払う覚悟を持っているかつ、追証のリスクよりもスプレッドの狭さを優先している人が日本発祥のFX口座を使う傾向があります。それと比べて、XM口座は、追証システムなし、ゼロカットシステムありですので、追証金を支払う覚悟が皆無かつ、スプレッドの高さよりも追証回避を優先している人が、XM口座を使う傾向があります。これらの二つの具体例をしっておくと、自分に適したのはXM口座であるという結論を出しやすいです。

1.追証金が支払えないという状況に陥る。

XM口座を使っている限りは、最悪の状況がXM口座が0円になるというもので、追証金が支払わないといけないという究極の地獄を味わう必要はありません。逆に、日本発祥の国内FX口座を使っていると、最悪の状況が国内FX口座で50%強制ロスカットが発動するものであり、究極に最悪の状況が追証金を支払う必要があるものです。これらのことからわかることは、追証金というリスクが日本FX口座にはつき物で、海外FX口座には、追証金リスクがない。

XMの強制ロスカット情報/証拠金維持率について。

日本が本拠地のFX口座で、証拠金維持率100パーセントで強制ロスカットをされるたびに、証拠金維持率40パーセントまで持ちこたえていたらなんとかなったのにという感情を抱いたり、日本が本拠地のFX口座で証拠金維持率が50パーセントで強制ロスカットされるたびに、証拠金維持率10パーセントまで持ちこたえられたのに。という悔しい思いをします。これらの悔しい思いから抜け出すには証拠金維持率0パーセント設定のiforex口座を開設するか、証拠金維持率20パーセント設定のXM口座/GemForex口座を使うようにしよう。

1.XMの証拠金維持率安全ライン。

XMの証拠金維持率1000%~1200%であれば、XM口座利用者にとっての超安全ラインであり、ゼロカットされるかも、強制ロスカットされるかもという悪い未来を予測する必要が皆無になり、XMの証拠金維持率500%~600%であれば、XM口座利用者にとっての安全ラインであり、損切りルールを守れば、ゼロカット/強制ロスカットは回避することはできるだろうになり、XMの証拠金維持率200%~300%であれば、XM利用者にとって、どうにとでもなるだろう、まだ余力ありやと感じられるラインであり、XMの証拠金50パーセント~100パーセントであれば、俺はついてるし、99パーセントの確率で俺は勝つと感じられるラインだし、XMの証拠金10パーセント~20パーセントであれば、ゼロカット覚悟/強制ロスカットの覚悟でFX取引をするしかないねと感じられるラインである。

2.XMの証拠金維持率を下げすぎないようにしよう。

ハイレバレッジを活用して、XMの証拠金維持率を下げぎると、XM口座で利益が増えるスピードが数倍に跳ね上がるメリットを得られるが、XM口座で損失が増えるスピードが何倍にも跳ね上がるデメリットを抱えることに。これを知っても、ハイレバレッジ&証拠金維持率を下げるにデメリットを感じない人だけが、XM口座の証拠金維持率を下げましょう。

3.XMの証拠金維持率を上げるべきか?

低レバレッジを活用して、XM証拠金を上げすぎると、XM口座で利益が増えるスピードが4分の1ほどに低下していくというデメリットが、XM口座で損失が増えるスピードが4分の1ほどに抑えられるメリットを抱えることに。これを知ったときに、低レバに魅力0だわと感じた人は、ハイレバレッジを活用して、証拠金維持率を下げ、低レバに魅力しかないと感じた人は、XMの証拠金維持率を上げるべき。

公式サイト
XM〔エックスエム〕
XM〔エックスエム〕は、3000円口座開設ボーナスキャンペーンを開催中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする