会社で働きたくない。

フリーランスを3年以上やっていたり、ニートを3年以上やっていたり、生活保護を3年以上やっていると、サラリーマン〔会社勤め〕になって、会社に時間を奪われることだけは避けたいという気持ちが強くなってくる。この会社に時間を奪われることだけは避けたいという気持ちを強く持ちすぎると、会社で何が何でも働きたくない気持ちがよりいっそう強くなり、会社で働くこと自体を拒絶し始める。当然、会社で働くことを自体を拒絶しはじめた人は、サラリーマンになるデメリットの部分しかみず、サラリーマンになるメリットを見ようとしない。

ぶっちゃけ、ニートやフリーランスや生活保護の人は、会社で働きたくないと自分を自分で洗脳するから会社勤めをしたくなくなっているだけで、ニートやフリーランスや生活保護の人も、会社で働きたいと自分で自分を洗脳すれば、会社勤めがしたいと思うようになるはずなんですよね。そうはいっても、ニートやフリーランスや生活保護の人は、今の自分の楽な生活を絶対に手放してたまるかという気持ちをもっているので、何が何でも会社勤めをしたいと思ってなるものかという強い意志を持っているんですよね。

それと、ニートやフリーランスや生活保護の人が持っている何が何でも会社で働きたくないという欲求を沈めるには、自分の働きたくない意思を持ちつつ、会社で働いてみるという選択を取るしかない。その理由は、人は一度会社で働いてしまえば、なかなか会社の上司に会社をやめたいですということを伝えることができず、会社で働くしかなくなるからだ。今回は、会社で働きたくないをテーマに記事を書いていきたい。

会社勤め特有の縛られている感が嫌だから、会社で働きたくない。

会社勤めをすると、今日も仕事、その次の日も仕事、その次の次の日も仕事、その次の次の次の日も仕事、その次の次の次の次の次の日も仕事という生活を送ることになり、毎日束縛されているという気持ちを持ちながら生きることになり、人間が生きることはこんなにもつらいものなのかという気持ちをもつことになります。それに対して、会社勤めをしていないと、今日も休み、その次の日も休み、その次の次の日も休み、その次の次の次の日も休み、その次の次の次の次の日も休み、その次の次の次の次の次の日も休みという束縛感がない最高の生活を送ることができ、仕事をしないだけで人はこんなにも幸せになれるんだなあという気持ちを持つことができます。この二つの体験をして自分がだした結論は、会社で働かないほうが幸せになれるということである。

会社員になれば、集団生活を余儀なくされるから、会社で働きたくない。

会社員になれば、集団生活を余儀なくなされて、自分が好きでもない人達と毎日コミュニケーションをとることになります。この自分が好きでもない人達と毎日コミュニケーションをとることが嫌だという気持ちが強くなってしまうと、会社で働きたくないという気持ちが強くなり、会社で働くという選択だけはしたくないなあと思ってしまいます。

自分でお金を稼いでいる感覚が得られないから、会社で働きたくない。

フリーランスであれば、常に自分でお金を稼いでいるんだという感覚を持つことできるため、自分の力でお金を稼ぎたい欲を満たすことできます。このことに大きな魅力を感じてしまうと、いまさらフリーランスを辞めて、会社から施しを受けて生きていくサラリーマンに戻るなんてしたくないという気持ちをもってしまい、会社で働くという選択ができなくなります。

会社で働く生活を送ると、思考停止に陥る。

会社勤めをしておらず、自分でお金を稼がないといけない状態になると、自分でお金を稼ぐためにするべきことは何か?について真剣に考えるようになり、自分でお金を稼ぐために必要なことがなんなのか?が見えてきます。それに比べて、会社勤め生活をしていると、自分でお金を稼がなくてもお金が手に入る生活を送ることができるので、自分でお金を稼ぐために何をやらなければいけないのか?について真剣に考えることがなくなり、自分でお金を稼ぐために必要なことがなんなのか?が一切見えてきません。これら二つのことを体験して自分が出した答えは、思考停止になりたくなければ、フリーランスが一番。

日曜日の夜が憂鬱なのが嫌。

会社員になると、土曜日の休みの日は明日仕事に行かなくてもよいから幸せに生きていけるから良いのだが、日曜日の休みの夜は明日仕事に行かなくては行けないから気分が重いという感情をもつことになるから不幸である。この不幸な日曜日を送りたくないと思ってしまうと、何が何でも会社で働いてたまるかと思ってしまう自分がいたりする。

会社員になると、会社員にしかなれない。

会社員になると、会社員にしかなれず、その他何者になれない気持ちがするので、会社員になって自分の可能性を縛るなんてことはしたくないと思ってしまう。そうはいっても、フリーランスになって、ひとつのことだけをやっていても、何者になれる気がしないので、フリーランスになったらなったで憂鬱だったりするのだけど。

会社で働くことがつまらないという思い込みがある。

会社で働くことがつまらないという思い込みが強くなってしまうと、会社で働きたくない気持ちがより一層強まってしまい、会社で働くことを選択することができない人間になってしまう。逆に、会社で働くことが楽しいことであるという思い込みが強くなると、会社で働きたい気持ちが強くなってしまい、会社で働くことを選択することができる人間になってしまうのだ。

自由の幸せを知りすぎる。

ニートやフリーランスになって、自分の時間すべてを自分のために使える生活を送り、自由の幸せを知りすぎると、今自分が手に入れた自由を何があっても手放してたまるかというきもちから、会社員になるという選択をすることができない。こういう経験を一切せずに、自分の生きている時間のすべてを会社にささげる生活をしていれば、自由になりたいから会社を辞めたいと思うこともないのだけど。

週6日、一日10時間も会社にいるなんて尋常ではないと思ってしまう。

サラリーマン特有の週6日、1日10時間も会社で働く生活を送ることが嫌だなあという気持ちを持ちすぎると、今の自由な生活を捨ててまで、サラリーマンになりたいと思うことができなくなってしまうんだ。こういうふうになりたくないよという人は、週6日一日10時間働いて当たり前という価値観をもつようにすればよい。

人生に希望を持ちすぎている。

大切な人と結婚したいとか、自分の子供がほしいという人生の希望をすてれば、フリーランスとして適当に生きていくことに疑問をもつことが無くなります。逆に、大切な人と結婚したいとか、自分の子供がほしいという人生の希望を持ってしまうと、フリーランスなんかやめて、会社員になって生きていくしかないという思い込みが強くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする